[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「適応力高い中日・ネイラー」

今後が楽しみな初登板

 7月に中日入りしたドリュー・ネイラーが1日の巨人戦で初登板初先発を果たしました。ボールを見る限り、決して本調子とは言えない中で6回2失点。次回以降のチャンスが生まれ、これからに期待できるピッチングだったと思います。

 彼は香川に入団した時から、能力が高く、NPB1軍クラスの右腕だとみていました。何より適応力があるのが長所。どんなマウンドも苦にせず、牽制やクイック投法、バント処理なども改善点をすぐに実践できます。香川に来てからはチェンジアップの落差を改良したり、カットボールの曲がりを鋭くして左バッターのインサイドにも使えるように磨くなど進化していきました。

 頭が良く、アドバイスをきちんと理解し、吸収することができますから、中日でもさらに伸びる余地はあるでしょう。巨人戦で6回に打たれた2本のソロホームランは、ともに変化球が甘く入ったもの。コントロールミスをすれば、一発につながってしまうことを学習できたはずです。まだスピードも変化球のキレも出るとみていますから、今後を楽しみにしています。

 アイランドリーグは後期シーズンがスタートし、香川は連敗スタートとなってしまいました。前期優勝というアドバンテージがあるだけに、後期は育成も重視しながら、秋のチャンピオンシップを見据えて戦っていくつもりです。

 ネイラーが抜けた投手陣でキーマンとなるのは、新人サイド右腕の原田宥希。ここにきて彼の良さであるボールの威力が増してきました。ストレートの球速が上がった分、速くて大きく曲がるスライダーも有効に使えています。

 後期初登板となった2日の高知戦では先発で6回3失点。及第点と言える内容でした。失点につながったのは、いずれも四球がきっかけでしたから、ここを注意していけば先発として役割が果たせるでしょう。後期はローテーションの一角を担ってほしいと望んでいます。