人口3万人の町が突如出現!?
本気のおもてなしを実践した
「東京五輪の前哨戦」世界スカウトジャンボリーをご存じか

【PHOTO】生津勝隆

 44年ぶりの日本開催

山口県の宇部空港に近い干拓地に、人口3万3000人の“町”が突如として出現した。7月28日から8月8日までの12日間にわたって、山口市阿知須のきらら浜で、第23回世界スカウトジャンボリー(23WSJ)が開かれているのだ。阿知須地区の平時の人口は9500人ほどだから、一気に町が4.5倍になった格好だ。

世界スカウトジャンボリーは4年に1度、世界各国からボーイスカウトが集まる国際キャンプ大会で、今回は158の国と地域から3万3000人を超す青少年スカウトや指導者が集まった。期間中はテントで野外生活を送りながら、場内外での様々なプログラムに取り組む。

参加者3万3000人のうち日本人は6500人で、圧倒的に海外からの参加者が多く国際色豊か。会場内を歩くと、海外にいるのではないかと錯覚するほど様々な国の人たちに出会う。

ボーイスカウト運動発祥の地である英国から4000人を超す参加者が来日したほか、スウェーデン1800人超、米国1600人超と大派遣団が参加した。オランダや台湾も1000人を超えた。これだけの規模の国際大会が日本で開かれるのは珍しい。世界スカウトジャンボリーが日本で開催されるのは、1971年に静岡県朝霧高原で開かれた13回大会以来、44年ぶりのことだ。

海外から多くの人が訪れる最大のイベントは何と言ってもオリンピック。2020年には東京オリンピックが控えており、今回のジャンボリーはその前哨戦とも言える。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら