雑誌
スクープ!
「ミスター粉飾」東芝前社長、
自宅を妻に生前贈与!

「株主代表訴訟」対策か。この会社はここまで腐っていた
社長就任から約2年。田中氏は大きな成果も残せず、辞任に追い込まれた〔PHOTO〕gettyimages

歴代3社長の辞任を発表した記者会見。最後まで自己弁護に終始した経営トップは、誰に怯え、何を守ろうとしたのか。辞任すれば逃げ切れると思ったら大間違い。重い試練を背負うのはこれからだ。

あの大江麻理子も噛みついた

東京都港区の東芝本社39階フロアーは、重い空気に包まれていた。この日で東芝社長を辞任することが決まった田中久雄氏(64歳)のはっきりとしない物言いに、メディア記者らのいら立ちが沸点に達しようとしていた。7月21日夕刻のことである。

この日は、4月に初めて明るみに出た東芝の不正会計問題について、第三者委員会がまとめた調査報告書の全容が発表されると同時に、経営陣の進退が発表されることになっていた。田中氏みずからが会見して説明するとあって、会場となる39階フロアーには400人ほどの記者や証券会社のアナリストらが殺到していた。

会見に先立って、第三者委員会の調査報告書が公表され、そのあまりに衝撃的な内容に関係者は騒然となっていた。東芝の幹部たちが組織ぐるみで約1562億円におよぶ利益の水増しを行っていた詳細が、これでもかと書き込まれていたからである。

報告書は田中氏についても、「ありとあらゆる手段を使って黒字化を」、「あれだけ構造改革をやって赤字とは言えない。いくらまでできそうなのか」などと、部下たちにプレッシャーをかけていた様子を詳述。田中氏が「見かけ上の利益が嵩上げされている事実を認識していた」とまで断定した。

それだけに渦中の田中氏の口からどんな言葉が発せられるのかと、会場は緊張感に包まれていたわけだ。

開始予定時刻の17時ちょうど、田中氏は会見場に入ってきた。

「心よりお詫び申し上げます」

「私は本日をもって取締役及び代表執行役社長を辞任いたします」

机に置いたペーパーを読み上げるために顔を下げ、両手は身体の前で組んだまま。田中氏が時にペーパーから顔を上げると、報道カメラのシャッター音が鳴り響き、まるで「犯人」の顔をとらえたかのようにフラッシュが眩しく光る。終始反省した様子で、田中氏は謝罪の言葉を語り続けた。

しかし、17時10分頃から質疑応答に入ると、田中氏の様子が変わっていく。