7月スタートの連ドラ総まとめ
月9史上最悪のスタートを切った『恋仲』に期待!

『天皇の料理番』HPより

恋愛ドラマに執着し続けてきたテレビ業界

3ヵ月前、4月スタートの連続ドラマの初回が終わった時点で、本コラムではベスト作品として『天皇の料理番』(TBS)を挙げた(参照: http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/43125)。終わってみると、全12話の平均視聴率は14.9%で、今年の連ドラで一番の成功作となった。

競馬記者や株式アナリストではないので、予想と結果が一致したことを誇示するつもりは毛頭ない。逆に、部外者に過ぎない筆者が、それぞれの連ドラの第1話を見たくらいで、大勢が占えてしまうことに問題を感じる。誰が見るのか分からないような連ドラが多過ぎるのではないか。制作者側の思惑と視聴者マインドに隔たりを感じてしまう。

本コラムは連載が始まった3年前から、「恋愛ドラマが多過ぎる」と繰り返し指摘してきた。20代、30代の結婚願望が薄らぎ、異性への関心がまるでない若者すら増えているというのに、ドラマ界は恋愛にこだわり過ぎていた。若者たちの恋愛ドラマが当たらなくなると、今度は四半世紀前の世界からW浅野を呼び戻し、50代の恋愛ドラマまで作ってしまった。恋愛ドラマに執着していたとさえ言えるだろう。

トレンディドラマの強烈な成功体験が忘れられなかったためだと思うが、大流行のピークからは既に約25年も経過している。その間、街の景色もファッションの流行も随分と変わった。ドラマ界だけが時代の移り変わりを座視していたような気がする。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら