現代ビジネス
2015.7.30 視聴時間 06:40
田中隆之(専修大教授)×寺島実郎【前編】
BS11 報道ライブ21 INsideOUT「現代ビジネス講座」世界を知る力
 
政治と経済の交差点なポジションをもち、通貨の番人である中央銀行が、最近では「株価の番人」になってしまっている感が強くなっている。先進国の中央銀行による国債の買い入れは、すでに満腹状態である。その危なげな行動も、「出口から出られれば肯定できる」と田中教授は指摘する。その出口に向かってのアメリカの動きは、すでに既定路線でもある。利上げという出口にアメリカが実際に向かい始めると、世界の通貨は再びアメリカに流れ込む状況となる可能性も強い。それが世界経済にあたえる影響は、決して小さくない。(2015年7月10日放映分)番組HPはこちら
facebook twitter google+ Hatena bookmark
KEYWORDSキーワード

田中隆之寺島実郎現代ビジネス講座BS11

RANKINGランキング