画一的な観光ツアーではもう満足できない! いま大人気の「着地型観光」とは?
そこに住む人のアテンドで、地域の魅力を体験できるのが着地型観光の特徴

地元の人がつくった観光プログラム「着地型観光」

地元の人が地域の魅力を案内する「着地型観光」が、地域活性化につながると注目されている。着地型観光には、旅行代理店は関与しておらず、企画は地元の人が行う。旅の参加者は、現地集合・現地解散のため、安価に収めることができ、気軽に地方へ訪れることができる。

着地型観光とは、地元の人がつくった観光プログラムのことだ。参加者を受け入れるのは、プログラムの考案者。参加者は地域を楽しみながら、地元の人と交流も深めることができる。現地までの行き方と帰り方は自由なので、通常の観光ツアーと比べて安価に済む。

2012年、日本での着地型観光の市場規模は331億円。この額は、同年の国内旅行市場規模23兆9千億円のうち、0.15%だが、十分に発展できる余地がある。

発展できる最大の理由に、地域に感じる魅力のポイントが、観光資源から「他人の日常生活」へと変わった点があげられる。つまり、地方に行って、「その土地の人が普段から行っていることを体験してみたい」と思う人が増えているのだ。そう思う背景には、既存の観光ツアーで周る施設や景観スポットが均一化していることがあるという。

多くのモノやサービスが均一化され、商業的な観光資源に価値を感じる人が少なくなるなか、地方にはポテンシャルが眠っている。それは、現地に根付く人や伝統のことを指す。

「地方には、地域の伝統に根ざした人や風習、食文化が残っています。それが、今、地域にとって大変価値のあるものとなっています」(じゃらんリサーチセンター横山幸代副センター長)。

観光の流れが変わりつつあるなか、着地型観光に目をつけた若手社員がいる。それは、ガイアックスの細川哲星さん(25)だ。細川さんは新卒3年目で、コンテンツマーケティングを担当していた。