[プロ野球]
佐野慈紀「セ・リーグは阪神、ヤクルト、巨人の優勝争いに?」

壁をクリアした阪神・藤浪

 暑い夏を迎え、プロ野球は熱い戦いが繰り広げられています。特にセ・リーグは首位から最下位までが6ゲーム差。どこも決め手がなく、混戦はあと1カ月ほど続くのではないでしょうか。

 その中で優勝争いは阪神、東京ヤクルト、巨人に絞られてくるとみています。前回も書いたように、混セを抜け出す1番手は阪神です。ここまでもつれてくれば、ポイントになるのは投手力。阪神は、その点でも他チームより優位に立っています。

 特に3年目・藤浪晋太郎の成長は大きいでしょう。ここまでチームトップの8勝(5敗)。24日の横浜DeNA戦では152球を投げての完封勝ちを収めるなど、真っすぐの強さが長いイニング持続するようになっています。課題とされた立ち上がりも克服し、自分のペースで試合をつくれていますね。ひとつ壁をクリアし、より安定度が増しました。

 抑えの呉昇桓は昨季ほどの盤石さはないものの、リーグトップの26セーブをあげています。セットアッパーの福原忍も元気で、勝利の方程式がきちんと確立できている点も強みです。

 また後半戦に入って、連敗中の巨人、DeNAと対戦するなど対戦相手にも恵まれています。順調に勝ち星を伸ばせば、貯金も増えていくでしょう。