かぜに抗生物質は効きません!
〜日本の医療に蔓延する「念のため症候群」〜

photo iStock


「あれ、何か体調がおかしい……。かぜかな?」 かぜ症状で診療所に行ったとき、医者の対応にはいくつかのタイプがあるようです。

「かぜ」に対する医者と患者の考え方の違い

私は診療所の医者です。ちまたでは家庭医と呼ばれております。日々患者さんの診察をしているわけですが、なかでも多いのが「かぜ」症状の方です。かぜは万病の元と言われていますから、早めに医者にかかっておきたいのが人情というものです。

患者さんの中には「かぜなんですけど」と言いながら入ってくる方がおられます。症状が鼻水、くしゃみ、咳ですから、素人目にも、かぜに違いありません。もうすでに市販薬を買って飲んでいるのかなと疑問に思いながら、

「そうですか、かぜなんですね。で、何かお薬は飲みましたか」とお聞きしますと、

「市販の何々を飲んだのですが一向によくならなくて」

(ああ、そうでしょうね、まだ1日しか経っていないのですから。)という方がいれば、

「飲んでいません。薬の飲み合わせもあるかと思って聞きに来ました」

という慎重な方もおられます(すごくありがたい、患者の鏡です)。

このように、医者と患者の間には結構な考え方の違いがあります。医者は、かぜは自然に治るものだから、対症療法(症状をとる薬による治療)で病院に来るまでもないと思っているのに対し、患者はなんとか症状を良くして、早く仕事や学校に行きたいと思っているようです。

”念のため”の抗生物質に意味はない

ところで、かぜの治療をする医者にはいくつかのタイプがあるように思います。