[BCリーグ]
群馬・川尻哲郎監督「投手陣の立て直しは急務」

元巨人・ロメロ、元カブスのカリダを柱に

 前期は16勝17敗4分と負け越しての地区3位。苦しんだ原因は投手陣の失点の多さです。7月20日時点でのチーム防御率は4.73でリーグワースト2位。215四球は全体で最も悪い数字です。得点はトップの230点をあげているにもかかわらず、守りが崩れて勝ちきれませんでした。

 その投手陣では前期、唯一気を吐いた元DeNAのエンジェルベルト・ソトが左肩の故障により、残念ながら退団することになりました。先発陣の再構築は不可欠な状況です。

 現状、先発の柱と考えているのは実績のある2人の外国人。元巨人のレビ・ロメロと、広島やシカゴ・カブスで投げていたエスマイリン・カリダです。ロメロは抑えで起用していましたが、調子が上がってこないため、先発に配置転換しました。ここにきて17日の武蔵戦では7回無失点の好投をみせるなど、状態は良くなっています。

 カリダは球に力があり、空振りのとれる変化球を持ち合わせています。タイプ的にはリリーフでしょうが、本人の希望もあり、先発で投げてもらっています。いずれにしても先発の頭数が足りない中、2人にはきっちり役割を果たしてほしいと願っています。

 3番手以降の先発は元DeNAの伊藤拓郎、経験豊富な堤雅貴、ドジャースのマイナーチームに在籍していた沼田拓巳を試しているところです。堤は今季、先発のメインで回ってもらう予定でした。しかし、打たれるケースが目立ち、成績は1勝3敗、防御率7.11。ボール自体は決して悪くないのに、急に乱れてしまいます。

 これはゲームに入っていく準備の問題でしょう。自身の状態を把握し、今日はどんなピッチングをすべきか、修正しながら投げていくことが大事です。きちんと頭の中を整理して、早く本来の姿を見せてほしいと思っています。

 7月に入団した沼田は楽しみな素材です。真っすぐにスライダーが良く、このコンビネーションで打者を抑えていきます。まだ21歳。長いイニングを経験して、もう一回り大きく成長してほしいものです。