一人の少女にとって、戦争とは、空襲とは、焼夷弾の雨とは何だったか。母親の証言から戦争の"リアリティ"を描く傑作マンガ
『あとかたの街』『凍りの掌』作者・おざわゆきインタビュー【後編】

父親の壮絶なシベリア抑留体験をもとに漫画化した『凍りの掌 シベリア抑留記』を描いたおざわさん。現在は母親の戦争体験をもとに描いた漫画『あとかたの街』を「BE・LOVE」(講談社刊)にて連載中。銃後の生活と戦争を描いた『あとかたの街』について話を聞いた。

←【前編】はこちら

* * *

“感覚”としての戦争を写し取りたい

−−『あとかたの街』を描くきっかけは、『凍りの掌 シベリア抑留記』(以下『凍りの掌』)が文化庁メディア芸術祭マンガ部門の新人賞を受賞したことだったそうですね。

おざわ: 『凍りの掌』で父の戦争体験を描いたあと、もう少し戦争の話を描いてみたいという思いがありました。「父を描いたから、今度は母を!」みたいな話を色々なところでしていたら「BE・LOVE」の編集長に声をかけていただいたんです。

−−この2つの作品は“父と母”、“前線と銃後”とかたちは異なれど、どちらも戦争について描かれています。人の数だけ戦争のかたちがあるのだと考えさせられました。壮絶な戦争を描いた『凍りの掌』に対し、『あとかたの街』はほのぼのとした日常の描写が多く生活感があります。1巻は戦争の描写がほとんどないですよね。

おざわ: 常日頃から戦争に対してぴりぴりとしてはいなかっただろうというのが、私個人の感覚としてありました。戦時下であれ、生活の中に笑いや楽しいこともあり、日常は日常として存在していたのではないかと。戦争は普通の生活の延長線上にあったと思うのです。戦況が厳しくなるにつれ日常が削り取られ、人々の表情が暗くなっていく変化を描こうと思いました。