読書人の雑誌『本』
日本人にとって「妖怪」とは何か
古代から現代まで妖怪を生みだし続ける日本人の精神構造
歌川国芳「相馬の古内裏」山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

人間学としての妖怪学を求めて

(文・小松和彦)

1994年に起こった怪異・妖怪ブーム

このたび講談社学術文庫化された『妖怪学新考』を最初に出版した1994年は、振り返って見ると、怪異・妖怪文化にとって特記すべき年であった。

その年の3月に、今では妖怪文化研究者必読の一冊となっている田中貴子『百鬼夜行の見える都市』(新曜社)が刊行され、7月には空前の安倍晴明・陰陽師ブームの火付け役となった岡野玲子の『陰陽師』(原作夢枕獏、スコラ)の単行本第一巻が、さらに9月には妖怪に素材を求めた推理小説作家として現在大活躍している京極夏彦のデビュー作『姑獲鳥の夏』(講談社)が刊行されている。

多摩丘陵の開発を進める人間に「化け学」を駆使して挑戦する狸たちを描いた高畑勲監督作品『平成狸合戦ぽんぽこ』が公開されたのも、この年の夏であった。そして、この頃から毎年のように日本各地の博物館や美術館で、妖怪画を中心として妖怪文化に関する展覧会が開催され、多くの人々を集めるようになった。

これらの作品はこの年に合わせて刊行・制作されたわけではなかったのだが、おそらくはその頃までに人々の妖怪文化への関心が大きなうねりにまで高まりつつあったのだろう。それに反応するかたちでたまたまこの年に一挙に噴出したというわけである。

それにしても、なぜ怪異・妖怪だったのだろうか。バブル経済の崩壊後、経済が停滞するなかで元気だったアニメやコミックなどのポピュラーカルチャーやサブカルチャーの世界的な人気ともつながっていたからだろうか。

それも一理あるが、多くの人々がこれまでは知らなかった日本文化が、「怪異・妖怪」や「安倍晴明・陰陽師」などをキーワードとして浮かび上がってきたことが、新鮮であり、驚きでもあったのではなかろうか。