雑誌
次はドイツが痛い目にあう 
ギリシャ・ショック「欧州の盟主」の大失敗

ギリシャのチプラス首相が強気なのにはワケがあった〔PHOTO〕gettyimages


巨額を失う

「メルケルはバカ」

ギリシャ・ショックに揺れる欧州でいま、ドイツのメルケル首相への批判の声が高まっている。中には「バカ」と直接的に中傷する欧米メディアも出てきているのだが、いったいなぜか。

一つには、メルケル首相が、ギリシャ問題がここまでこじれる原因を作った戦犯だとみなされているから。在アテネジャーナリストの有馬めぐむ氏が指摘する。

「6月30日のIMF(国際通貨基金)への資金返済期限が迫るタイミングで、メルケル首相が主導するEU(欧州連合)サイドはギリシャに過酷な改革案を提示してきました。そこにはギリシャ経済の要である観光産業に関して、ホテルの宿泊税を大幅に引き上げるように求める内容が含まれていたようで、とても呑めるものではなかった。

それまでギリシャはEU側との交渉妥結を目指していたのに、この強硬姿勢に激怒した。ここからギリシャ・ショックが勃発。国民投票で『NO』を突きつける事態に発展していったのです」

EUでメルケル批判が渦巻いているのはそれだけが理由ではない。

実はギリシャがユーロ離脱ということになれば、一番のダメージを被るのはドイツである。それなのにギリシャを追い詰めてしまった「メルケル首相の管理能力のなさ」(EUメディア)に、欧州全体があきれ返っている。以下、欧州系証券会社アナリストの解説。