[MLB]
杉浦大介「トラウト、ハーパーは新時代を開くか」

〜2015年前半戦個人賞~

 2015年のMLBもオールスターブレイクを終え、後半戦が始まった。今季は多くのチームがプレーオフ進出の可能性を残しており、今後も激しいペナントレースが続きそう。そして、ここまでの戦いの中で、25歳以下のスター候補が数多く躍動するフレッシュなシーズンとなっている。今回は、そんな前半戦を振り返りながら、“MVP”“サイ・ヤング賞”“新人王”“カムバック賞”を独自に制定し、後半戦の行方を占っていきたい。

首位の原動力、トラウトとハーパー

【MVP】

ア・リーグ
マイク・トラウト(エンジェルス/打率.312、26本塁打、OPS 1.019)
次点 
ジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ/打率.293、21本塁打、OPS .884)

たくましく成長したハーパーは今後しばらくMVPの常連候補になるだろう。Photo By Gemini Keez

ナ・リーグ
ブライス・ハーパー(ナショナルズ/打率.339、26本塁打、OPS 1.168)
次点 
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス/打率.340、21本塁打、OPS 1.064)

 デヴュー当初から期待された通り、トラウトとハーパーは“メジャーリーグの新たな顔”と言える存在にまで成長した。
 トラウトは本塁打、長打率、得点のすべてでリーグ1位で、オールスターでも史上初となる2年連続MVPを獲得。ハーパーもOPS、長打率でナ・リーグのトップを走り、22歳にして夢の球宴では堂々と3番打者を務めた。特にハーパーの今季の活躍は目覚ましく、16歳の頃から“選ばれしもの”と称された選手が完全開花したことは、ベースボールにとっての喜びでもある。

「(トラウトは)凄いタレントだね。足、守備力、打撃力、パワーのすべてを備えている。トラウト、ハーパーのような若い選手たちのプレーを観れるのは良いものだ。彼らはこのゲームの顔であり、素晴らしいアンバサダーでもある」
 オールスターでナ・リーグの指揮をとったブルース・ボウチー(ジャイアンツ監督)のコメントは、MLBに関わるすべてのものの想いを表現している。

パワフルなゴールドシュミットの逆転も? Photo By Gemini Keez

 移籍1年目で力を発揮しているドナルドソン、リーグ屈指のスラッガーとしての地位を確立したゴールドシュミットの働きも優れており、後半の活躍次第で逆転MVP受賞もあり得る。しかし、現時点では、それぞれ地区首位にいるチームのベストプレーヤーでもあるトラウト、ハーパーを上位に据えるべき。そして、このまま2人が同時にMVP受賞すれば、MLBは正式に新時代を迎えることになる。