謎の大量死をのりこえて葛西臨海水族園にクロマグロが帰ってきた!
【舛添都知事日記】
復活したクロマグロの水槽 (葛西臨海水族園のHPより)

クロマグロの復活と「水の都・東京」

4月に手術した股関節の経過は順調で、今月14日から現地視察を再開した。まず足を伸ばしたのは、「葛西臨海水族園」である。

昨年末の大量死の原因はまだ解明できていないが、少しずつ同種の魚を入れて様子をうかがいながら、クロマグロを水槽に戻すまでに至った。幸い、数匹が死んだものの、大多数は元気で、70匹以上が群れをなして泳ぎ回っている。その姿は壮観である。

マグロをこのように群泳させているのは、世界中でこの水族園のみであり、是非とも、多くの人に復活したマグロを観に来てもらいたい。

数匹のマグロが死んだ理由は、壁に衝突して骨折したからである。そこで、衝突防止のため、黄色いテープを水槽に格子状に貼ったが、これもマグロが慣れるに従って少しずつ剥がしていっており、まもなくすべて無くなる予定である。そうなると、もっとよく鑑賞できるようになる。

間近に見るとよく分かるが、マグロはもの凄いスピードで泳いでいる。この速さで壁に激突したら骨折するのは当然である。

飼育係に教えてもらったのだが、マグロには背びれが二つあって、前方の背びれは出し入れ自由になっているそうだ。まっすぐ泳ぐときには背中に収納されているが、ターンするときなどは減速する必要があるので、前方の背びれを出して、ブレーキとして使うのだ。

そのような背びれの構造は、実際に泳ぐところを見なければ、発見できない。夏休みにでも、是非、ご家族で葛西臨海水族園を訪れ、背びれの動きをよく観察してみてください。