誰でもできる政治批判より「提案」を! 「静かな革命」に必要な5つの行動指針
〔PHOTO〕gettyimages

100の行動から始まる「静かな革命」。

2011年7月、「100の行動」はその第一歩を踏み出した。

「どんな会社でもやるべきことを10やれば再生できる。閉塞感に満ちていたこの国も、やるべきことを100やれば明るい未来が開けるだろう」。そういった思いからスタートし、ついに100番目の行動までたどり着いた。

2011年当時、日本はまさに苦難の真っ只中にあった。3月に発生した東日本大震災によって、死者・行方不明者は1万8470人、震災発生直後には40万人もの方々が避難生活を余儀なくされていた。しかも、政治は停滞し、リーダーシップは欠如し、決められない政治が続いていた。

あれから4年の月日が経過した。東北の復興は道半ばだが、明るい日本の未来を信じて「100の行動」を執筆してきた結果、各界のリーダーたちが動いて実現した「行動」がいくつも現れてきている。

100の行動は「100個描けたから、これで終わり」というものではない。今はまだ、100の行動の第1段階である「日本を良くする方向性」を描き終えたにすぎない。つまり、スタート地点に立ったばかりなのだ。

今後引き続き、日本中の「知恵の結集」を続け、やるべき「行動」をバージョンアップさせながら、日本を担うリーダーや有志が手分けして声を上げ、行動し、世論を動かす。100の行動が完遂したときに、この「静かな革命」が終わるのだ。

なぜ「静かな革命」なのか。「静かな革命」とは、「どうやったら日本が変わるのか? どうやったら日本は良くなるのか?」を思索する中で、到達した方法論である。