[自転車競技]
白戸太朗「波乱スタートのツール・ド・フランス」

 世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」が今年も始まった。3週間にわたってフランス国内を中心に3000㎞以上を走る自転車レース。自転車に興味がない人でさえ、このレース知っているほど有名で、動く人もお金も他のレースとは比べ物にならない。今月4日から開幕したツールの1週目で、なにやら波乱が……。

雨に濡れたスリッピーな路面もアクシデントを誘発した (c)Yuzuru Sunada

 始まりは2日目の第2ステージだった。コースとしては山があったわけでなく、海側を走るので風が心配された程度のステージ。しかし途中から激しい風と雨に見舞われる。その前後から落車が頻繁に起こり、あちこちで選手が投げ出されるシーンが続出した。だが、始まって2日目の混乱は、ほんの序奏に過ぎなかった。

 翌日の第3ステージで、14年間中継担当をしている僕でさえ見たことのない激しい大落車が起きる。ハイスピードで起きた集団落車に選手たちが枯葉のように地面を滑ってぶつかり合っていく。同時期に2カ所で起きた大落車に巻き込まれた選手は50名以上にのぼったという。一度に多くのけが人が出たため、ドクターカーがすべて足止めされ、救急対応が間に合わないからと、レースを中断するという事態にまでいたった。その時点で4人の選手がリタイア。さらに落車した選手の中にはリーダージャージを着用していたファビアン・カンチェラーラ(スイス)も含まれており、その後に彼は脊椎骨折が判明し、レースを去った。

 リーダーの落車、リタイアというニュースは衝撃だったが、不幸は続く。第6ステージではゴール前でリーダージャージのトニー・マルティン(ドイツ)が落車。なんとかゴールはするも左鎖骨骨折でレースを去る。この日の終了時点で総合トップに立っていたマルティン。彼のリーダーの表彰を片手で受けながら去っていく姿には多くの涙を誘った。ちなみに、この落車には有力選手が沢山含まれており、その後のレースが成立しなくなるのではと心配になるほど。結局、最初の休息日に入るまでの9日間で13名がレースを去っていった。サイクルロードレースに落車はつきものであり、それ自体は驚かない。しかし、これだけ落車が多発し、有力選手が続々とリタイアする1週目に、選手もチームもそしてファンでさえヒヤヒヤする思いをしていた。