“インフラ化”で月間利用者1200万人を目指す! ウォンテッドリーCEO・仲暁子さん「生産性高い働き方がベスト」
ウォンテッドリーの今後の展望を話す仲さん

月間60万人が利用する日本最大級のビジネスSNSウォンテッドリーの仲暁子CEOは、「転職サイトから、ビジネスパーソン全体に親しまれるインフラを目指したい」と語る。人とつながるITサービスは増えてきたが、同社はキャリアに特化したつながりで他社と一線を画す。今後どのように発展させ、どんな社会をつくっていきたいのか戦略を聞いた。 

夏には「チャットアプリ」をリリース予定

――月間での利用者数を1200万人(2013年、生産年齢人口15~64歳:7901万人)に伸ばすことを目標の一つに定めています。国内の人口が減っていくなかで、どのようにしてこの数字を目指すのか、その戦略を教えてください。

仲:ウォンテッドリーは転職サイトですが、年間で転職する人の割合は、生産年齢人口の6%ほどで、その数は約480万人です。

このように転職市場は、もともと小さいので1200万人の方に利用してもらうためには、インフラ化していかなくてはいけないと思っています。

――インフラ化とはどういうことでしょうか。

仲:今年の夏ごろにリリースを予定しているのですが、チャットアプリを開発しています。ビジネスパーソン向けのチャットで、ビジネス上の情報交換がスムーズにいくように設計しています。

また、ウォンテッドリーの強みであるキャリア上のつながりを生かしたSNSとしても、価値を高めていきます。たとえば、ウォンテッドリーのアカウントでログインすれば、ウォンテッドリーでつながっている友達がシェアしたニュースが自分のタイムラインに流れ、キャリアに特化した有益な情報を得られるような機能の実装も予定しています。

フェイスブックのソーシャルボタンのように、企業の採用ページにウォンテッドリーのボタンをつけて、エントリー・シェアしやすいような仕組みも考えています。

インフラ化することで、日常から利用してもらえば、1200万人という数字は決して、大きくはありません。ミクシィのユーザーは2000万人、国内のフェイスブックユーザーも2000万人、ラインは4000万人ほどです。そう考えると、この数字は、むしろ保守的な数字です。

――2012年からサービスを開始して、いまでは1万社が利用しています。その会社で働いている人の思いに重点をあてて紹介している点が、既存の転職サイトとは一線を画し、人気を博しています。ウォンテッドリーの利用者からはどのような声を聞きますか。

仲:利用している1万社のうち、4000社がIT系のスタートアップ、中小企業などです。よく聞くのが、人のつながりで採用できるので、面接に来た人が、実は東京大学の博士課程出身者だったりと、これまで出会ったことがない人から連絡が来たというものです。

インバウンド系ウェブメディアを運営する株式会社Senは昨年できたばかりですが、1200人もの人から連絡が来たそうです。行政にも利用してもらい、宮崎県日南市では、IT系事業の幹部人材の採用に成功したと聞いています。

――御社では、働く人を通して採用活動をすることを、「共感採用」と銘打っていますが、1920年代のホーソン実験では、会社内のインフォーマルな関係が高いほど、生産性が上がると実証されました。御社が進める「共感採用」によって会社に人が集まると、生産性が上がったというデータはありますか。

仲:利用者からは、働く人に共感して入社してもらったので定着率が良いと聞きますが、生産性が上がったという正式なデータはまだ取っていません。