【救急医が明かす患者の心得】
病院にかかったときに必ず聞くべき2つのこと

病院で「何か質問はありますか?」と聞かれたときに、必ず確認してほしいことがあります。帰宅後の症状で不安にならないために――。

医師の診断は多くの不確実性を伴う

みなさまのなかで病院を受診したことがない方はそれほど多くないはずです。医師の診察を受けて、薬を処方され、帰宅する。その間に「何か質問はありますか?」と聞かれて困ったことはないでしょうか。実は、このときに必ず確認していただきたいことがあるのです。

「薬の飲み方?」「診断はなに?」それも大事なことだと思いますが、意外に気にされていないことがあります。それは、「どうなったらもう一度来たほうがいいのか」「この先予想されるコースはどういったものなのか」ということです。

熱は続くのか。痛みは移動するのか。各々の病気には一般的な経過があります。しかし比較的初期に受診した場合は、まだ症状がそろっていなかったり、症状が軽かったりすることがあり、正確な診断を下すのは難しいことがしばしばあります。

熱が出てすぐに受診した場合を考えてみましょう。発熱の原因を考えるときに医師が重要視しているのは、発熱以外の症状です。しかし、発症直後ではそういった症状がそろっておらず、発熱しかみられないこともしばしばです。

また、嘔吐もよくある主訴ですが、腸炎(いわゆるおなかの風邪)なのかどうかは、下痢もない段階ではなかなか判断できません。その時点では虫垂炎 (盲腸)の可能性も十分考えられます。

医師と会って診察を受けるその瞬間は経過の一断面でしかないため、医師の診断は多くの不確実性を伴っているのです。