雑誌
宮沢りえ『Santa Fe』も危ない!
7・15法改正「エロ本所持」容疑であなたを逮捕する

〔PHOTO〕gettyimages

社会現象になったあのヌードが、もう二度と見られなくなる。それどころか、持ってるだけで「お縄」になるかも—。信じがたいことだが、それが現実。

そんな趣味はないのに…

ピンポン、ピンポーン。

「こんな朝早くに、誰だよいったい……」

時刻はまだ6時。パジャマのまま玄関のドアを開けると、黒服の男が4人立っている。

「朝からすみません。警視庁です。今からお宅を調べさせてもらいます」

刑事は有無を言わさぬ調子でそう言って、「捜索差押許可状」と書かれた書類を突き付けた。

「児童ポルノ禁止法違反の容疑です。失礼します」

「お、おいおい! ちょっと待ってくれ! そんなもの持ってないよ!」

叫びも空しく、捜査員たちはドカドカと家の中へ上がりこむ—。

この夏、全国各地でこんな光景が繰り広げられるかもしれない。

7月15日、改正児童ポルノ禁止法の猶予期間が過ぎ、児童ポルノの単純所持が処罰の対象になる。簡単に言えば、この日から、18歳未満の「児童」の裸などを写したエロ本や写真集、DVDなどを「ただ持っているだけ」で逮捕されてしまうのだ。被写体が女の子だろうと男の子だろうと関係ない。