雑誌
朝鮮労働党幹部が告白「あの国防相玄永哲は犬に喰われて粛清された。裏切り者には、銃弾すらもったいないから」
photo iStock

7月4日、北朝鮮が日本人特別調査委員会を立ち上げてから、丸1年が過ぎた。だが、拉致被害者の帰国はなお遠い。それは、国防相粛清の影響が大きいという。「平壌奥の院」で何が起こっているのか。

モスクワで暗殺を画策?

「玄永哲前人民武力部長(国防相・享年66)は、軍事裁判を経て処刑した—」

北朝鮮の朝鮮労働党幹部が初めて、玄永哲問題の真相について、重い口を開いた。

5月13日、韓国政府の情報機関である国家情報院が韓国国会に、「玄永哲処刑」を報告。現役国防大臣の処刑情報に、世界に衝撃が走った。

この際、本誌はある方法により、国境を挟む「中国」を経由する形で、信頼できる人物を通して、朝鮮労働党幹部に話を聞いた(6月6日号で既報)。

その幹部は、5月9日にモスクワで開かれた対独戦争勝利70周年記念軍事パレードに参加予定だった金正恩第一書記が、これに参加できなくなったことが、玄永哲が人民武力部長を解任された原因だと説明。その一方で「処刑説」は否定した。

今回、7月4日に、北朝鮮が日本人特別調査委員会を立ち上げて1周年にあたるのを機に、再び前回と同様の手法で、この幹部に話を聞いた。すると幹部はついに、玄永哲前人民武力部長の処刑に言及した。合わせて、日朝交渉の最前線についても語った。以下は、一問一答である。

—改めて聞くが、玄永哲人民武力部長は、なぜ解任されたのか。

「玄永哲は4月中旬に、5月の金正恩第一書記のロシア訪問の準備のために、モスクワを訪問した。出国前に、金第一書記の面前で大見得を切って、4つの約束をした。

第一に、金正恩第一書記とプーチン大統領との単独の朝ロ首脳会談の実現。第二に、5月9日の軍事パレードで、金正恩第一書記を、中国の習近平主席と共に、プーチン大統領の両サイドに立たせて特別扱いすること。

第三に、ロシアから朝鮮への、十分な経済援助の獲得。第四が、ロシア製ミサイルを朝鮮に売却してもらうことだ。

ところが、玄永哲部長はあろうことか、このうちただの一つも、ロシア側に確約させられないまま、帰国したのだ。

金正恩第一書記が問い詰めると、ベラベラと偉そうに言い訳をして開き直った。それで金第一書記が激昂し、『引っ捕らえろ!』と命じたのだ」

—拘束後は、どうなったのか?

「直ちに拷問にかけられ、厳しい取り調べを受けた。

その中で、恐るべき疑惑が浮かび上がった。それは、5月に予定していた金正恩第一書記のロシア訪問の際に、同行することになっていた玄永哲が、金第一書記を暗殺する陰謀を企てていたのでは、というものだ。

しかも、金平日駐チェコ大使が共謀していた疑惑まで噴出したのだ」

金平日は、1954年に故金日成主席と、後妻の金聖愛夫人との間に生まれた、故金正日総書記の異母弟である。'74年に金正日総書記との後継者争いに敗れ、'79年にユーゴスラビアの北朝鮮大使館に赴任。以後、ハンガリー大使、ブルガリア大使、フィンランド大使、ポーランド大使を歴任。今年1月に、17年間駐在したポーランドを離れてチェコ大使に赴任した。

金日成総合大学を卒業し、護衛司令部、総参謀部などで勤務した関係から、朝鮮人民軍での人望も厚い。平壌では、統治能力の乏しい金正恩第一書記に代わる「金平日待望論」が、にわかに持ち上がっているという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら