新安保法制であの名曲が存亡の危機に!?
「戦争を知らない子供たち」に込められた若者の願い

~元ジローズ・杉田二郎インタビュー~

「戦争を知らない子供たち」が歌い難くなる?

1971年に男性デュオのジローズが歌った大ヒット曲『戦争を知らない子供たち』(作詞・北山修、作曲・杉田二郎)は、時代を超えて歌い継がれてゆく名曲だと思っていた。今でも学生たちがギターを奏でながら歌う光景が見受けられるし、YouTubeにはアマチュアミュージシャンたちが歌う映像がアップされている。

♪戦争が終わって 僕等は生まれた 戦争を知らずに 僕等は育った おとなになって 歩き始める 平和の歌を くちずさみながら―――

だが、この名曲は今、岐路に立たされているような気がする。国会で審議中の新安保法制が可決し、集団的自衛権が一部容認されるようになれば、自衛隊が戦闘に巻き込まれるリスクが拡大すると見られているためだ。たとえ日本が戦火に包まれることは避けられようが、同胞の自衛隊員を海外で戦死させしまうようになると、「戦争を知らない」とは歌い難くなるのではないか。

そんなことにも興味があったので、今回は元ジローズでシンガーソングライターの杉田二郎氏(68)に話を聞く。杉田氏は60年代から70年にかけて、深夜放送『パック・イン・ミュージック』(TBSラジオ)や『チャチャヤング』(MBSラジオ)などでDJとしても活躍。美声の実力派アーティストとして、テレビの数々の音楽番組に長年にわたって出演し続けてきた。世相や若者文化、音楽シーンを見つめてきた杉田氏の言葉に耳を傾けたい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら