雑誌
新幹線で焼身自殺 
暴走老人の心に火がつくまで

巨額の賠償金はいったい誰が払うのか?
事故後、緊急停車した小田原駅は、焦げくさい臭いが漂っていた〔PHOTO〕gettyimages

前代未聞の「自爆テロ」だ。日本列島の大動脈ともいえる東海道新幹線を麻痺させ、巻き添えの死亡者も出した焼身自殺事件—当事者である林崎春生容疑者は、いかにして暴走老人と化したのか?

月12万円じゃ足りない

「私は火災のあった1号車の6列目に座っていました。男は新横浜を出発して2~3分過ぎた頃、後方から1号車に入ってきて、通路を2度ほど行ったり来たりした後、姿が見えなくなった。1号車は自由席なのになぜ座らないんだろうとちょっと不思議に思いました。

再び客室に戻ってきたときには白いポリタンクを右手に持っていました。キャップはすでに外れていて、ピンク色の液体が漏れていた。私はとっさに『ガソリンだ』と思い、急いで席を立ちました」

6月30日午前11時30分頃、神奈川県小田原市を走行中の東海道新幹線のぞみ225号に乗り合わせていた50代の男性会社員は、恐怖の瞬間をこう振り返った。火災によって焼け焦げた上着を手にしており、煙の臭いが周辺に漂う。

走行中の新幹線で焼身自殺を図るという前代未聞の事件で、横浜市青葉区の整体師、桑原佳子さんが煙を吸い込んで死亡。他に乗客26人が救急搬送された。

名古屋方面へ向かう高速鉄道を一瞬にして阿鼻叫喚の地獄に突き落とした男は、林崎春生容疑者(71歳)。東京都杉並区西荻北にある築45年以上の木造アパートに暮らす独身の男だった。部屋に風呂はなく、トイレは共同の物件だ。近隣に暮らす50代女性が語る。

「いつもハンチングのような帽子をかぶっていて、手ぶらでしたね。一度、夜中に電話で怒鳴っている声を聞いたことがあります。身内と揉めているようで、1時間くらい怒鳴っていた。また数ヵ月前、酔って帰ってきて鍵を失くしたのでしょうか、窓ガラスを割って自室に入ったこともありました」