若者を「消費者」と見るな! 
ボランティアとコンサートをつなげて驚異の大動員を達成した男

ロックコープスを立ち上げたスティーブン・グリーンさん

スティーブン・グリーン氏は、4時間のボランティアでライブチケットが手に入るという仕組みを考案し、世界で社会変革を起こす男だ。エンタメとソーシャル(社会性)を結びつけたRockCorps(ロックコープス)は、10ヵ国34都市に拡がり、同事業で16万人をボランティアに動かした。

日本では、2014年にアジアで初めて開催された。SNSで人が人を呼ぶ流れを起こしたスティーブン氏は、「若者は洗練されており、賢い。単純に消費者の一人として見てはいけない」と話す。

若者は消費者ではなく、一緒に価値をつくるパートナー

――ロックコープスは、指定した4時間のボランティアでチケットが手に入る仕組みです。アメリカで、この取り組みを開始した当初は前例のないイベントなので、スポンサー探しに苦労したとのことです。最初にスポンサーがついた要因はどこにあったのでしょうか。

スティーブン:スポンサーがついた要因は2つある。アメリカで最初にスポンサーに名乗りを上げたのは、ブーストモバイルという携帯会社だったが、その会社はマーケティングのビジョンが明確だったんだ。多くの携帯会社は、「うちの携帯電話を使えば、生活がより快適になる」というようなことをメッセージとして発信している。

ブーストモバイルも、もちろん「自社の携帯電話でより良い生活」という考えを持っているが、単純にそのメッセージを掲げるだけでなく、実際に人々に体感してもらいたいという思いが強かった。

だから、その「より良い生活」を体感するのに、ロックコープスがマッチしたのだ。そして、2つ目の要因は、デジタルのプラットホームとうまく連携できたことにある。

――デジタルのプラットホームと連携するとは。

スティーブン:携帯電話で視聴できるコンテンツを提供し、利用会員を増やすことにつなげること。コンサートやボランティアの様子を動画で提供した。

――スポンサーのメリットは、ロックコープスに参加する若者に、クライアントのプロダクトやサービスを紹介できることでしょうか。

スティーブン:必ずしもそうではない。若者は、本当は賢くて洗練されている。持論として、影響力を持つ企業は若者を単純に消費者の一人として取り扱うのではなく、一緒に価値をつくるパートナーとしてみている。

――たとえば、どのような企業がありますか。

スティーブン:ウーバーや初期のフェイスブックなど、若い人の力なしでは、成長できなかった企業のこと。シューズメーカーのトムズもそう。

単純に、消費者を「お金を払って商品を買ってくれる人」としてみるのではなく、「自社と一緒になって価値や文化をつくっていく仲間」としてみている。

スポンサーメリットには、ぼくの中でこだわりがある。世界は資本主義が中心だが、ぼくはベストではないと思う。一番良い形は、ぼくにも分からないけれど、良い企業は売上も伸ばすこともできるし、世の中を良くすることもできる。この2つを平行して伸ばしていける企業がすごく良い企業であるはず。そんな企業を経営する、社会起業家を増やしていきたいね。

去年、日本で開かれたライブには、グラミー賞受賞シンガーのNE-YOも出演
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら