LINE元社長・森川亮が「モテる女性」に支持されるメディアを立ち上げた理由
photo Getty Images

時代の変化は結局、若い人しか作っていない

by 森川 亮 (C Channel代表取締役社長)

 C CHANNELの狙い

僕は今、「C CHANNEL」というサービスを手がけています。これは、女子のための動画ファッションマガジンなのですが、ここで映像に出る人・映像を作る人・映像を出す人の一貫したラインを作ろうとしています。

たとえばユニクロさんは企画、製造、流通、販売を全部やることによって世の中を変えたと思うのですが、今の映像業界はそうなっていません。

C CHANNELだったら、青文字系も赤文字系(女性向けファッション誌のジャンルを、タイトルロゴの色で表した用語)もできるし、そこからどういうタレントがどう育っていくとどういうふうに売り出せるかみたいな企画もできる。

今はタレントになろうとすると、グラビアをしなきゃいけないとか、モデル、女優などキャリアパスが決まっている場合が多い。そうすると結局、既存の企業にどう認めてもらうか、みたいになってしまう。

そうではないスタイルが一緒に作れて、そこに媒体も連動できると、みんながハッピーになれると思うんです。

若い人を中心に業界を変える

今の映像業界は上司の判断に合わせて提案するような感じになっていて、若い人たちが消耗しているような気がします。一気に売り出して飽きられたら、すぐ次に交代みたいになってしまっている。

この流れを変えるためにはたぶん、若い人だけで決められる場を作れればいいと思うんです。

政治はなかなか難しいですが、ビジネスでいうと産業の転換期は古い会社が潰れて、新しいものが出てきて構造改革が行われる。メディアに関してはずいぶん長い間そういうのが起こっていません。新しい変化が起せたらと思っています。