ミドリムシで未来ある女子ラグビーをサポート!
”お互いの成長”を目的としたスポンサーシップを展開

2020年の東京オリンピックに向けて、スポーツにおけるスポンサーシップビジネスが注目されている。そんな中、女子ラグビーの可能性に懸けて、株式会社エポラが追手門学院大学女子ラグビー部のスポンサードを2015年6月より開始した。その仕掛け人は、同部でゼネラルマネージャーを務める元ラグビー日本代表の大畑大介氏である。

 女子ラグビーはこれから伸びる

「これからのスポーツ界は、さまざまな可能性を秘めています。女子ラグビーでも何か新しい試みができないかと思い、アメリカの大学スポーツの事例を参考にして、スポンサーを募ることにしました。女子ラグビーはこれから発展していく競技ですから、既存のものに乗っかるというよりも、ゼロからのスタートでお互いに成長し合えるような関係性を築きながらWin-Winになれるパートナーがいたら、と考えていたんです」(大畑氏)

スポンサーがつけば、まず選手の練習環境が改善できる。オリンピックという目標が見えても地盤がしっかりしていないと、それを目指せるだけの練習ができない。そんな危機感を抱いていたのだという。

スポンサー営業の際には、大畑氏自ら率先して企業を訪ね、直接思いをぶつけている。

「自分がどんな考えを持っているのか、先方がどんな意図でサポートしていきたいと考えているのか。まずそれを確認しておかないと、あとあとズレが出てきますからね。お互いに何ができるか、それによってお互いにどんなメリットがあるか、いつも最初にお会いする際に必ずお話させていただいています」