[サッカー]
田崎健太「ブラジルの小さなクラブでの出会い」

~松原良香Vol.1~

日本人というだけで低評価だった時代

 今年は武藤嘉紀がドイツのマインツへと移籍した。欧州の移籍市場が開くたび、日本の有能なサッカー選手が動くことはもはや年中行事となった。UEFA主催のチャンピオンズリーグに繫がった欧州の主要リーグのクラブは、Jリーグと比べてレベルが高いだけでなく、資金も潤沢である。日本以上の好条件を提示されて欧州に向かうことは、プロのアスリートとしては極めて理に適っている。

 かつてはそうではなかった――。
 ぼくは2000年から03年にかけて、広山望という選手を追いかけて、パラグアイのセロ・ポルテーニョ、ブラジルのスポルチ、ポルトガルのブラガ、そしてフランスのモンペリエと世界を飛び回っている。

 パラグアイではサッカーは貧困から這い上がるための手段だった。
 広山はレンタル移籍でセロ・ポルテーニョに加入した。セロで貰える金は、彼が当時所属していたジェフ市原よりも安かった。パラグアイ人の選手たちは、どうしてわざわざ貧しいリーグでプレーする必要があるのだと首を捻っていたことだろう。

 その後、彼が移籍したポルトガルのブラガやフランスのモンペリエでは収入面は改善したものの、日本代表歴のある彼ならば国内に居続けた方がずっと実入りが良かっただろう。
 それでも彼が国外にこだわったのは、日本にない“何か”を知りたいと強く思ったからだ。サッカーが文化として根付いた熱狂の中でプレーすることは何物にも代えがたかったのだ。

 この頃、日本はサッカーの世界で新参者だった。日本代表は98年フランス大会でワールドカップに初出場したばかりだった。日本人であるというだけで、選手としての評価は落ちた。そうした偏見とも闘わなければならなかった――。