[BCリーグ]
石川・多田野数人兼任コーチ「キーマンは王、安江、上條のリリーフ陣」

王建民タイプのセットアッパー・王

 前期は16勝19敗2分で地区3位。ただ、6月以降は6連勝を含む9勝1敗2分と調子を上げて前期を終えています。投手、野手とも経験を積み、自信を持って動けていることが良い結果につながっているのでしょう。

 投手陣に関して言えば、中継ぎ、抑えの役割分担がきっちりできたことが好調の要因です。ブルペンが盤石だと、先発は6回まで頑張れば、との余裕ができます。それが好投を呼ぶ好循環を生み出していますね。

 抑えの元阪神・西村憲は15試合に投げて防御率0.00。パフォーマンスはもちろん、練習態度や試合に臨む姿勢が、他の若手にいいお手本になっています。西村がマウンドでも、それ以外の部分でも選手を引っ張ってくれることはコーチにとってありがたいです。

 8回を投げるのは台湾出身の王鴻程。彼はヤンキースで活躍した王建民にタイプが似ています。194センチの長身、スリークォーターのフォーム、武器のシンカー……。特に腕を振って投げるシンカーは右バッターにとって厄介です。彼は日本の高校(福岡第一高)、大学(日本経済大)を経験しているため、この秋のドラフト対象選手。既にNPBのスカウトも定期的に視察に来ています。

 まだ粗削りな分、伸びしろを感じ、こちらも教えがいのある右腕です。単にNPBに入るだけでなく、いかに活躍するか。後期はより高みを見据えてピッチングを磨いてもらえればと思っています。

 そして6~7回を任せているのが右の安江嘉純、左の上條優太です。安江は185センチの身長から投げ下ろし、角度のあるボールが武器。スライダー、カットボール、フォークボールと変化球の精度も良く、リリーフとして計算の立ちやすい存在です。

 上條は今季、開幕投手を務めてもらったように、当初は先発で考えていました。しかし、長いイニングでは疲労がたまると結果が思わしくないことから、途中からリリーフに回しました。彼の長所は伸びのあるストレートと、同じ軌道から曲がるスライダー。サウスポーはNPBからも注目度が高いだけに、今後も左バッターが揃うところでしっかり抑えてほしいものです。

 王、安江は1年目ですから、シーズンを通じて投げた経験がありません。彼らが暑い夏を乗り切り、最後まで活躍できるかどうかが、チームと本人たちの行方を占うことになるでしょう。僕も自身の体験談を話しながら、状態の良さが続くようにサポートしていきたいと考えています。