野球
二宮清純「73年、T-G最終戦の光と影」

希望の新幹線

「新幹線は東京発14時。車中、僕は森昌彦(現・祇晶)さんと、ずっとラジオを聴いていた。東京からだと中日球場は左側に見える。目に飛び込んできたスコアは9回表、4対2で中日リード。そこから新大阪までは“希望の列車”だったね」

 振り返って、そう語るのは元巨人のショート黒江透修さんです。

 中日球場は1975年にナゴヤ球場と名称を改め、現在は主に中日の2軍が使用しています。

 今年も“混セ”ですが、73年のセ・リーグは空前の大混戦でした。V9を達成した巨人から最下位・広島までのゲーム差は、わずか6.5ゲーム。

 10月20日、中日球場での中日-阪神戦。阪神がこの試合に勝つか引き分ければ、9年ぶりのリーグ優勝が決まります。敗れれば、翌日、本拠地の甲子園で巨人と雌雄を決することになります。

 巨人がV9を達成するには、20日の試合で中日が阪神に勝つしかありません。もし阪神が中日に勝つか引き分けで優勝を決めれば、甲子園での最終戦は“消化試合”となってしまうのです。

 中日勝利の報に接した巨人の選手たちは、新大阪へ向かう車中で誰彼なく握手をかわしました。その夜、常宿にしていた竹園旅館でのミーティングで川上哲治さんは選手たちに、こう語りかけたそうです。

 黒江さんの回想――。
「川上さんはこう言いましたよ。“明日が最後。バッターはストライクを打て。ピッチャーはストライクを投げろ。それだけだ。以上!”とね。それ以外、余計なことは一切、言わなかった。短いけれど、いいミーティングでしたよ」