サッカー
W杯準優勝のなでしこジャパンは、リオ五輪に向けてどう変わるのか!?
〔PHOTO〕gettyimages

なでしこの勝負強さが際立った女子W杯

とにかくまずは、「良く戦った」と言いたいですね。女子W杯で準優勝したなでしこジャパンです。

W杯の前哨戦の位置づけだった3月のアルガルベカップで、なでしこジャパンは過去最低の9位に終わりました。女子W杯に出場しないデンマークに苦杯をなめ、強豪のフランスには1対3で完敗したのです。

それから3ヵ月という短い時間で、佐々木則夫監督はチームをしっかりと建て直しました。かつて日本ユース代表でともにプレーし、現在は同じ指導者の立場にある彼のマネジメントで、私が特に感心されられたのは「選手の使い分け」です。

女子W杯は今大会から参加国が増え、それに伴って試合数が増加しました。これまで8ヵ国で争われた決勝トーナメントが、16ヵ国によるものとなったのです。優勝するためには7試合(グループリーグで3試合、決勝トーナメントで4試合)を戦い抜かなければならない。

女子の国際大会では誰も経験のない7試合を乗り切るために、佐々木監督はグループリーグの3試合で全選手を起用しました。ゴールキーパーも3人全員を使いました。

佐々木監督にとって今回のW杯は、五輪も含めると通算5度目の世界大会です。監督としての経験は大会屈指と言ってもいいもので、それゆえに選手をうまく使い分けることができたのでしょう。

準決勝までの6試合は、すべて1点差でした。「薄氷を踏む勝利」といった報道もありましたが、私は正反対の見方をしていました。緊張感の高い接戦を連続で制したチームは、確かな地力が備えていました。しかも、延長戦にもつれた試合はありません。決勝戦までの道のりで、なでしこジャパンは勝負強さを示したのです。