エンタメ
婚活中の女性よ、目を覚ませ!
学歴もモテも年収もフツーの「ハンパくん」こそ良物件!?

二村ヒトシ×川崎貴子@新宿・ゴールデン街(第2回)
二村ヒトシさんと川崎貴子さん
AV監督の二村ヒトシさんと、美人すぎる経営者・川崎貴子さんの対談シリーズ。新宿・ゴールデン街で飲んでいた二人の会話に、ふらっと入ってきた謎のコンサルタントH氏は、年収も学歴もモテもフツーの「ハンパくん」という男性像について解説をはじめました。川崎さんに婚活の相談をする30代くらいの女性のパートナーとして、ハンパくんは良物件。けれど、ハンパくん自身は結婚に対して意欲的ではないようです。「中年の未婚男性は既婚男性に比べて不幸な人が多い」というデータもあり、このままではまずいぞハンパくん! どうしたらハンパくんを救えるのか、3人で考えることになりました。(文・崎谷実穂/写真・村田克己)

ハンパくんは、世の中のさまざまなことが「こわい」

(新宿・ゴールデン街のとあるバーにて)

川崎貴子(以下、川崎) ハンパくんは何をモチベーションにして生きてるんでしょう?

二村ヒトシ(以下、二村) アイドルを好きな人は、少なくないんじゃないかな。

コンサルH でもCDを何枚も買って投票したり、握手会に行ったりするほどではないでしょうね。そこまでのエネルギーはないと思います。

二村 そうでしょうね。グラビアとかテレビで見て「かわいいなー」と思って、それをちょっとした糧に毎日をがんばってる、みたいな感じなのかな。でも、女の子の顔の基準がアイドルにあるから、それよりかわいくない女の子とは付き合ったりする意欲がわかない。

コンサルH 趣味にお金をつぎ込んだりはしないので、けっこう貯金はあると思います。パラサイトシングルである確率も高いでしょう。

川崎 貯金はあっても、デートの時とかケチりそう……。女性と食事をするときは必ずおごれなんて言いませんが、一緒にいる時間を楽しむためにお金を使う、という発想がないと、デートする側の女性としてはさびしいですよね。

二村 そもそもデートとか、しないだろうなあ。バリバリ働いている「負け犬ちゃん」が同世代のハンパくんとデートしているところは、あまり想像できない。

コンサルH ハンパくんは、負け犬ちゃんを前にすると萎縮してしまうんですよ。そして、負け犬ちゃんは仕事をがんばっているので、仕事で尊敬できるおっさんと不倫していたりします。

二村 そうなんだよなあ……。

コンサルH ◯イバーエージェントのキラキラ女子社員なんて、ハンパくんにとってはこわすぎて近づけないですよ。

川崎 彼女たちが、一瞬にして自分を値踏みしてるのを感じ取っちゃうんでしょうね。

二村 単純に生き物として、自分のほうがエネルギー値が弱いことを自覚しちゃうんじゃないかな。

川崎 「こわい」というのはひとつのキーワードかもしれません。ハンパくんは、人生においてこわいことがいろいろありそう。

コンサルH そうですね。そこそこの大学に入り、そこそこの会社に入る、そこそこがんばって働くというのは、「こわさ」を避ける生き方です。そういう意味では、徹底的にリスク回避してきた人生なんですよ。