雑誌
あなたの車は狙われている!
自動車盗難なんて、自分には関係ないと思っていませんか?

一般社団法人 日本損害保険協会集計
注)1.クラウンにはマジェスタ、エステート含む。2.ランドクルーザーには、プラドを含む。3.マークXには、クレスタ、チェイサー、マークⅡを含む。4.ハイエースにはレジアス、グランビアを含む

クルマは財産であり、大切な思い出を乗せている相棒でもある。そんな愛車が突然消えてしまったら……

'13年と比較すると、'14年の盗難件数はかなり減ってはいるが、特定の地域や車種においては、いまだかなりの盗難被害が確認されている。

日本損害保険協会が発表した自動車盗難件数で、'13年11月は、ハイエース148件、プリウス70件と、2倍近い差があったのだが、'14年11月はプリウス70件、ハイエース40件と逆転した。

しかし、なぜこれほどまでにトヨタ車の被害が多いのか? 盗難されたクルマは、一体どこに流されるのか?

そんな疑問を含めた自動車盗難の実態について、裏社会をよく知るライターの夏原武氏に、そして実際の手口と、どうすれば愛車を盗難から守れるのか? については、元クルマ泥棒に語ってもらった!

裏社会を知る男夏原武氏が語る自動車盗難の実態
狙われたら最後! 路上駐車や玄関先に置いてあれば、ものの2分で盗みます!

「日本人は、危機意識が薄すぎるんです。対策せずに置いてあるクルマは、狙われたら最後、確実に盗まれますよ!」

開口一番そう語ったのは、自身も裏社会に身を置いたことがあり、その実情に詳しいマンガ『クロサギ』の原案者でもあるライターの夏原武氏だ。確実とまで言わしめる理由は何か?