政治政策
ソニーのファイナンス4400億円は、目標ROE10%に逆行している。先にやらなければならないことがあるのでは?

【ハイライト】
・ソニーに各事業業績は回復基調だが、最大事業の携帯電話事業の赤字幅が拡大。
・過去1年のソニーの株価パフォーマンスは総合電機で独り勝ち。今回の公募増資自体は可能。
・ただし、ROE10%を掲げる中で今回の希薄化はそれを更に遠ざける施策であり、事業戦略と財務戦略が噛み合っていない。
・過去10年フリーキャッシュフローが2回しかプラスになっていない中で、新たな資金調達よりも赤字事業のリストラを引き続き徹底することが先なのでは。

* * *

ソニーは6月30日、公募増資と新株予約権付社債(転換社債=CB)の発行などで最大4400億円を調達すると発表しました。26年ぶりの公募増資で長期の資金を確保し、世界首位の画像センサーに集中投資して競争力をさらに引き上げるとか。

ただし、通常、公募増資等のプレスは15時以降に発表するものですが、当日のソニーの値動きをみると3700円手前だった株価が14時過ぎから急落して14時8分(IR発表前です)に3430円の安値となりました(引け値は3461.5円)。どこからか漏れたのだと思いますが、プライシングでは7%近く割をくったことになります。

資金調達の内訳は、公募増資で約3200億円、CBで約1200億円を調達する計画で、増資による新株発行は最大で9200万株、CBは新株予約権が全て行使された場合で2271万株となり、合計で発行済み株式数の9.8%に相当します。公募増資は国内で約4割、海外で約6割を募集し、払込日はともに7月21~23日の予定です。