若者の政治教育には、若者自身が主体的に取り組む、より実戦的なプログラムが必要だ!
「日本版ユース・パーラメント」第1弾 維新の党編の模様(2015.3.2)

アクティブ・ラーニングとPBL(課題解決型学習)

私は昨年度からから中央大学で特任准教授として授業を受け持っている。担当しているのはキャリア科目で、特に「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる学生が主体的に学ぶ学習形態についてだ。

参照)中央大学商学部「ビジネス・プロジェクト講座」(担当:高橋)

かつての大学の授業は、大教室で教授が黒板に書いたものをノートに取ったり、話をメモしたりする座学形式のものが多く、多くはただ知識を得ることを主眼としていたが、生徒が主体的に学ぶアクティブ・ラーニングを大学でも率先的に採り入れていこうということで、私が招かれたのだ。大学もまた、変わっていかなければならない時代になってきたと言える。

私が取り組んでいる授業に、「ビジネス・プロジェクト講座」という1年前期の科目がある。「PBL(Project-Based Learning)」と呼ばれる課題解決型学習で、私が加わった2014年度から正式科目となり、これまでにサントリー、オリエンタルランド、キッコーマン、JAXA、APAホテルなどに協力していただいた。企業側から具体的なミッションをもらい、学生は擬似「社員」として解決策を検討、上司役の実際の社員や経営者たちを前にプレゼンをした。

大学においても、学問の発展と複雑化、細分化によって、知識や技術の伝授よりも、個々の学生に適した方法論の習得と確立が求められるようになってきた。そのため、これまでの座学(講義形式教育)と対照的なアクティブ・ラーニングの必要性が認識されはじめ、効果的なプログラムとして各大学で取り組みが広がりつつある。

こうしたプログラムは、プロジェクト実行のためのフレームワークの設定から、実施計画の立案、プロジェクト実行まで、すべてを学生自ら行う。その過程で、学生たちが課題解決に向かって積極的、主体的に取り組むことにより、学習意欲を強く持つとともに、通常の講義では得られないロジカルシンキング、課題解決能力、プレゼンテーション能力、デザイン力などといった実践的な力を身に付け、目覚ましい成長を遂げるなど、その効果は高い。