[アイランドリーグ]
徳島・中島輝士監督「貴重な体験、北米遠征」

16試合でみえた選手の成長

 アイランドリーグ選抜を率いた北米遠征はあっという間でした。6カ所を移動しながら、現地の独立リーグCan-Amリーグと16日間で16試合。最初に渡った米国ニュージャージーが蒸し暑かったこともあり、選手たちは途中ヘバっていた時期もありましたが、いい経験が積めたのではないでしょうか。

 結果は6勝10敗の負け越しでした。ただ、マウンドやボールの違い、アンパイアの不利な判定といったアウェーの要素を考慮すれば、まずまずの成績と総括できるでしょう。Can-Amリーグのピッチャーは総じてクイックモーションが苦手で足を絡めた攻撃は十分、通用しました。

 一方で、野手のレベルが高く、バントやエンドランなど細かい野球ができる点は予想以上でした。甘い球は簡単に外野の頭上を越すパワーを持っている上に、小技もできる。彼らを日本人が上回るには、より精度の高い野球をしなくてはなりません。これを選手が体感したことは、今後の大きな財産になるでしょう。

 実際、16日間で選手たちには明らかな成長がみられました。たとえば、バッターのスイング。相手ピッチャーの重くて微妙に動くストレートは、小手先では打ち返せません。下半身主導で振り切る必要性を実感したのでしょう。試合を重ねるうちに、土台がしっかりして力強いスイングができるようになってきました。

 また球場の雰囲気も、四国にはないものでした。イニング間にはグラウンドでいろいろなアトラクションが実施され、スタンドでもグッズや食べ物を配ったり、お客さんを楽しませていました。印象深かったのは、子どもたちがたくさん来ていたこと。子どもたちにとっては、きっと野球よりも、イベント目当てなのでしょうが、観客を飽きさせない工夫は、アイランドリーグも取り入れられるはずです。

 この北米遠征を通じ、選手のレベルアップはもちろん、試合運営やお客さんの盛り上げ方などで各チームが切磋琢磨できれば、今回の試みは大成功と言えるでしょう。