[ボクシング]
近藤隆夫「マーク堀越死去……高橋ナオトと話したこと」

日本ボクシング史上最高の名勝負

『忘れ難きボクシング名勝負100平成編』(SLAM JAM編、日刊スポーツグラフ)でも冒頭でマーク堀越vs.高橋ナオトが取り上げられている。

 先月半ばに、マーク堀越ことマーク・ブリックスが病死したことを知人から聞かされる。すでに1年あまり前に他界していたそうだ。死亡直後に日本で報じられることはなかった。悲しく、また、とても寂しい気持ちになった。まだ52歳、早すぎる。

 1980年代にリングシーンを観続けた者たちにとって、マーク堀越は忘れがたきボクサーだ。米国カリフォルニア州出身で、青森県にある米軍三沢基地に勤務していた。八戸帝拳ジムで練習を積んで84年にプロデビュー。87年には日本ジュニアフェザー級(現スーパーバンタム級)のタイトルを獲得し、6度の王座防衛を、いずれもKOで果たした。

 昭和から平成へと年号が変わった直後の89年1月に、マークは7度目の防衛戦で敗れてタイトルを失うが、この一戦により、彼の名がファンの脳裏に深く刻まれることになる。

 “日本ボクシング史上最高の名勝負”と称され続ける伝説の一戦、「マーク堀越vs.高橋ナオト」。この試合の凄絶な内容に、いまさら触れる必要はないだろう。もし、まだ観たことがないという人がいるならば、Youtubeにもアップされているので、ぜひ1度観ていただきたい。

 89年1月22日、当時、私は『ゴング格闘技』誌の記者として、後楽園ホールでリング上を凝視していた。5度のダウンの応酬の末に9ラウンドで試合はKO決着するが、終了のゴングが打ち鳴らされると同時に、勝者・ナオトはキャンバスに崩れ落ちた。

 そのシーンを観ながら、私はカラダの震えを止めることができなかった。幼少期から約40年、ボクシングを見続けてきたが、「その中でのベストファイトは?」と問われたならば、迷うことなく、私はこの試合を挙げる。

 互いに負けられない一戦。体力や技術ではなく、2人は精神力をぶつけ合って闘い抜いたのだ。「マーク堀越vs.高橋ナオト」はスポーツの域も、ボクシングの域をも超越した闘いだった。

 マークの死を知らされてから数日後に、高橋ナオトに会った。
 新宿の店で、マーク・ブリックスを偲びながら2人で話した。
「マークの死を知ったのは、前田(衷=『ボクシング・ビート』編集長)さんからの電話だったんですよ。驚きました」