[プロ野球]
上田哲之「柳田悠岐と秋山翔吾――強打者とは何か」

タイプ異なる2人の首位打者争い

 セ・パ交流戦が終わると、必ず言われることがある。「セ・リーグよりパ・リーグのほうが強い」。今年の成績を見ても、交流戦の順位は1位から5位までパ・リーグ勢が並んでいるし、戦績はパ61勝、セ44勝、3分け。まぁ、そういう声があがるのも、自然なことでしょう。

 その「実力のパ」で、いま、断然おもしろいのが首位打者争いである。いや、この言い方は事の本質を逸している。首位打者を争っている2人の打者が、めちゃくちゃおもしろいのだ。

 秋山翔吾(埼玉西武)と柳田悠岐(福岡ソフトバンク)――。
 ちなみに7月3日時点の打率は1位・秋山.383、2位・柳田.381。もちろん、これからどっちにころぶかわからない。

 両者が直接ぶつかった1日のソフトバンク-西武戦を見ると、柳田は1回裏1死一塁の場面で登場。西武・野上亮磨のツーシームだろうか、内から外へ切れていくストレート系のボールを三塁線にタイムリー二塁打。柳田といえば、体が折れるんじゃないかと思うほどの豪快なフルスイングで人気だが、それだけで3割8分もの打率が残るはずがない。

 この打席など、いつものイメージよりはやや小さなステップで、振るのかな、と思った瞬間、もう振りきっていた。つまり、それほどスイングが速い。それで左打者の外角へ逃げていくストレート系を確実にとらえる技術があるのだから、そりゃ、もう見るだけで快感である。

 順序が逆になったが、一方の秋山は1回表に先頭打者で登場。ソフトバンクのジェイソン・スタンリッジのカットボールなのだろうか、やや中に入ったストレート系を、これまた、ものの見事にセンター前。心なしか、他の凡百の選手のセンター前とは、打球の強さが違って見える。

 この2人、同じ左打者だが、少しタイプが違う。柳田はスイングするだけで観客が湧くほどのフルスイングで、当たれば飛距離も出るし、ホームランも量産できる。秋山は、どちらかといえば中距離ヒッターに分類されるでしょう。

 注目しておきたいのは、ステップするときの右足の上げ方である。
 2人とも、右足を上げて、ぐいっとねばってから着地させる。基本的には、似た形に見えるが、事態はもう少し繊細である。むしろ、ややタイプの違うステップと言ってもいいのかもしれない。

 柳田は、基本的には上げた足を1回ためる間を作ってから、豪快にバットを振り切る。ただ、先の野上に対する打席のように、ややすり足に近いステップをすることもある。どうやら、このあたりに、飛距離だけではなく打率も稼げる秘密がありそうだ。