企業・経営
【2015年上半期IPO総括】
結果的にgumiショックは影響なし!

今年も半分が過ぎました。今回は2015年上半期のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。

上半期新規上場社数は43社、市場はマザーズが圧倒的。7年ぶりに札幌アンビシャス銘柄も

●日経平均

過去10年のIPO社数とその年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。2015年は6月30日終値現在です。

【図1】

まずは2007年の世界的なサブプライム問題表面化より、日経平均とIPO社数は下げに転じ、2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がると共に、2009年にはIPO社数は19社まで落ち込みました。

それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、IPO社数は6年連続増加しており、昨年は77社が上場しました。今年は上半期ですでに43社が上場しており、昨年を抜く勢いです。

ただ、秋には日本郵政の大型上場も控えており、マーケットの需給バランスが大きく変わるかもしれないので、時価総額1000億円以上で上場する予定の発行体は、その上場時期について、日本郵政上場後の来年に時期をずらす可能性もあります。上場社数が昨年を超えるか否かは、まだ微妙な状況でしょうか。

このグラフを見るとIPOはやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。ただし、日経平均は今年は過去10年で一番高いのですが、IPO社数は150社を超える水準にはほど遠い状況です。

●上場社数

【図2】市場別上場社数

上半期の市場別のIPO社数は、マザーズが31社と全体の4分3以上となっており、昨年来、時にマザーズ上場の傾向が強くなっています。

一方で今年は7年ぶりに札幌アンビシャスにIPOがありました。エコノスという発行体で、これは2008年のインサイト以来の7年ぶりのIPOとなります。