雑誌
日本株の強さはホンモノだ!
今度は私たちが儲ける番、次は2万2000円だ

〔PHOTO〕gettyimages

ついに日経平均は、18年半ぶりの高値を更新した。ギリシャ問題など懸念すべき要素は残るものの、しっかりした企業業績という裏付けのある日本株の強さはホンモノだ。上昇気流に乗り遅れるな!

フロアに広がったどよめき

6月24日、午前9時、東京証券取引所の前場が開かれると、大手町にある証券会社の株式部門のフロアには静かなどよめきが広がった。国内株式を担当する証券会社社員が感慨深げに語る。

「前日の欧米市場が堅調だったため、朝から今日は騰がると確信していましたが、やはり実際に2万900円を超えたボードを目にすると、胸の底からこみあげてくるものがありました。

18年半ぶりの高値ということですから、私がまだ新入社員だったころの株価です。当時のこともITバブルのことも知らない20代の若手社員にとっては、信じられない数字みたいで、皆、なんとなく浮き足立ってますよ」

この日、東京株式相場は終値で2万868円をつけ、ITバブルに沸いた'00年4月の記録だった2万833円を更新。'96年12月以来の水準を回復した。

数日来、株価の重しになっていたギリシャ問題の懸念が一時的に遠ざかったこと、米国の第1四半期のGDP確報値が上方修正されたことなど、株価が急伸した外的要因はさまざまあるが、日本株上昇の力強さがホンモノであると、市場は判断した。マーケットバンク代表取締役の岡山憲史氏が解説する。

「24日、日本株は新しい上昇局面入りという節目を迎えました。米国も18日にナスダックが史上最高値を更新するなど、上昇基調にありますが、日本はより上昇傾向が強い」