雑誌
【クルマ界歴史の証人】日産のモータースポーツ
R380シリーズ開発者 島田勝利 PART1

設計図の書き方から学び、その努力が認められ、櫻井学校に入ることになる島田氏

日本の自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を収めた先輩方に語っていただく本企画。

さて、今回からR380シリーズの開発において、設計に携わり、櫻井眞一郎氏の右腕として活躍された島田勝利氏に登場いただいた。

今回の証人 島田勝利とは?

77歳とは思えないほどお元気。また記憶力も素晴らしい

1937年東京生まれ(77歳)。1956年、都立中野工業高校機械科を卒業後、富士精密工業(後のプリンス自動車工業)に入社。設計部のシャシー設計課に配属され、車軸、ブレーキ、ブレーキクラッチコントロール、ブレーキ配管などを担当。主にスカイラインやグロリアなどのアクスル関係の設計に携わる。この時、直接の上司ではなかったが同じ課にいたのが櫻井眞一郎氏。

そして1963年、レース車開発グループが編成されるとリーダーである櫻井氏に請われ、シャシー関係の設計に従事することになる。この時、島田氏は正式に「櫻井学校」への入学を果たし、以来、R380、R381、R382、R383といった名レース車両の開発に設計者として約6年間、参加した。

その後、実験部や法人営業室などの勤務を経て、1989年にオーテックジャパンに転属。

そして1996年に櫻井氏が設立した「エス・アンド・エス」に転職。一貫して櫻井氏の右腕として54年間のサラリーマン生活を送ったことからも「右腕」、「番頭」と呼ばれ、多くの伝説誕生をずっと支え続けてきた名補佐官だ。