雑誌
Apple vs Google
ついにクルマ界で覇権の戦い始まる!

アップルのCar Play発表、つづいてグーグルのAndroid Auto正式発表とIT界の二大巨頭がジワジワとクルマ界に近づきつつある。はたしてその先にあるものとは? ITに詳しくない人のためにそのへんの事情をやさしく解説

クルマの世界も日進月歩、次々に新しい技術が発表され、自動車雑誌に携わる我々でさえ追いつかないくらいだけど、ITの世界はそれに輪を掛けるほど慌ただしい。例えば数ヵ月前の技術があっという間に古くなってしまうから驚いてしまう。

今回は、そんなクルマとIT界が融合し、IT界の象徴ともいえるアップルとグーグルがクルマ界でも火花を飛ばし始めたというお話。

まずその前にアップルとグーグルという会社だけど、アップルはかのスティーブジョブズが作ったコンピュータのハードとソフトウエアを売る会社。ハードではMac BookやiPod、iPhoneを作っていて、ソフトウエアではiTunes、iCloudが最近は有名。要するにハードとソフト、両方を売りにしている。

いっぽうグーグルはというと、みなさん知っているようにネットでなにかを調べる時に使う検索エンジンが会社としてのスタートで、ハードウエアを売ることがメインではなく、ソフトウエアを売ることをメインにしている会社(実際には売っているのではなく、無料で提供して広告収入で成り立っている。ハードは一時期グーグルグラスを販売していたものの、いまは頓挫。ロボットなどそのほかのハードウエアもいろいろ開発している)。例えばスマートフォンでいうとサムスンや、ソニーがハードを作り、そこに入れるソフトウエアをグーグルが販売している。以上が2社の成り立ち。