雑誌
自転車にも乗れないコラムニスト辛酸なめ子が免許不要のシニアカー「モンバル」に乗ってみた!
辛酸なめ子漫画家・コラムニスト。近著は『絶対霊度』(学研)、『なめ単』(朝日新聞出版)、『諸行無常のワイドショー』(ぶんか社)など

自転車にも乗れない、コラムニストの辛酸なめ子さん。徒歩5分の店へ行くのに自転車でコケながら30分かかったという逸話を持つ人。今回、そんな彼女にこそ試乗してほしいモノがある、という編集部の依頼を快諾していただいた。素敵な人だ。

乗ってもらったのはシニアカーのホンダ「モンパル」。髪を揺らす春風のなか、東京のど真ん中青山一丁目周辺を試乗(散歩)してもらいました。

運転とは無縁に生きてきましたが……

運転免許を持っておらず、自転車にも乗れない私はもう人生で乗り物を運転することなどないとあきらめていました。

そんなある日、編集部から一本の電話が。免許不要の乗り物があるという朗報がもたらされました。

さっそく試乗するべく、南青山一丁目のホンダ本社に向かいました。薄々予測しておりましたが、その乗り物はシニア向けの電動カート。「安心」「快適」「簡単」にこだわった製品で名称は『モンパル』。

でも今の自分に唯一乗れるのは、このタイプしか残されていないので贅沢は言えません。パンフにも「運転免許不要」と明記されています。そしてうれしいことに消費税非課税品です。デザインもシルバーとのバイカラーも、よく見たらおしゃれです。

歩行者扱いなのでコーンズや吉野家の前など歩道を堂々と進む

アクセルはハンドルをグリップすることで入り、離すと止まる。速度は1から6までダイヤルで調節できて、左上にブレーキがある、と基本的な操作方法を教えてもらい、街に出ました。

運転とは無縁に生きてきたので、内心無事に行って帰ってこられるか心配でしたが、モンパルは歩行者扱いなので、歩道を進んでもOKだと聞いて安堵しました。

最初は目盛り1(=1km/h)でおそるおそる進んでいましたが、大丈夫そうだったので次第に2、3、6とスピードアップ。「シュイーン」というおさえ気味のモーター音がそこはかとなく上品で、シニア世代に受けるのも納得です。

シニアカーは運転免許不要で歩行者扱い。だから歩道を走行可能。モンパルは前進、後進ボタンが大きいなど扱いやすいインパネで、ライトが目立ち、被視認性を高くする工夫も。パンクレスタイヤになっているのも安心で、約10°の坂道なら楽に登れる。価格37万8000円 ホンダモンパルML200 主要諸元 ■全長1190×全幅595×全高1045mm ■車重:115kg ■後2輪直接駆動方式 ■最高速度:6km/h ■連続走行距離:約25km ■使用者最大体重:100kg ■満充電時間:約8時間

なんといっても椅子みたいに脚を閉じて普通に腰かけられるのが女として嬉しいです。つねづね自転車のサドルにまたがるという行為に抵抗感を抱いていたので……(そもそもサドルの形状もひわいな気がします)。とにかくモンパルなら、貴婦人が馬車に乗るように優雅に座れるのがすばらしいです。

目線は約100cmの高さで、前の人の背中を追う感じです。子どもの時の目線に戻ったようで年齢退行&リフレッシュ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら