エンタメ
年収も学歴もモテも全部フツー
目立たないけど数が多い「ハンパくん」はどうすればいいの?

二村ヒトシ×川崎貴子@新宿・ゴールデン街(第1回)
川崎貴子さんと二村ヒトシさん
AV監督の二村ヒトシさんと、美人すぎる経営者・川崎貴子さんの対談シリーズ。今回の舞台は、新宿・ゴールデン街。ふらっと立ち寄ったバーで二人で飲みながら語り合います。川崎さんが主催する女性向けの婚活塾では、入籍したり、彼氏ができたりする人が多数出てきているそう。じゃあ、そういう婚活塾に通う女性の同世代、対になる男性はどんな人たち? そんなことを話していたら、横からなにやら謎のコンサルタントが解説を始めて――。新シリーズは、マスコミが取り上げない「うっすら不幸」な日本のサラリーマンの実情に迫っていきます。(文・崎谷実穂/写真・村田克己)

婚活女子の同世代の未婚男性は、どこにいる?

(新宿・ゴールデン街のとあるバーにて)

二村ヒトシ(以下、二村) そういえば、川崎さんって、女性向けの婚活塾をやってらっしゃいますよね。なんだっけ、あの恐ろしげな名前の……

川崎貴子(以下、川崎) 魔女のサバト」、ですね(笑)。中身は全然こわくないんですよ。ちゃんと自分のことを知り、いい男性と出会うためにどうすればいいのか、その男性とどうコミュニケーションすればいいのか、カウンセリング込みのグループワークなんです。

二村 そういうスキルって、たぶん前近代社会では、男たちに内緒で本当の魔女が一般の女性にこっそり教えてきたんだとマジで思うんですよ。いつの時代にも、じつは女性にはそういう教えが必要なんです。「母親」や「男」から教わることだけじゃ生きていけないし、多くの女性誌の恋愛特集に書かれているのも「男に媚びる技術」や「愛される技術」だけです。だから川崎さんが女性たちに、インチキじゃない自己肯定感の持ち方や「愛する技術」を教えるのは、とても有意義だと思う。手応えはいかがですか?

川崎 すごい成果が出てるんですよ。勉強会に来るメンバーは4回目でメンバーの半数に彼氏が出来て、1人入籍しました。

二村 さすがですねー。サバトに参加されてる女性って、どんな感じのかたが多いんでしょう?

川崎 25歳から40歳ぐらいまで年齢はバラバラですが、ボリュームゾーンは30代半ばでしょうか? 皆可愛くてちゃんと働いている女性達です。

二村 いまそういう女の人、たくさんいるもんね。普通に考えると同世代の独身の男とくっつけばいいんだろうけれど、なかなかそうもいかないんですよね……。

川崎 5年前のデータですけど、30~34歳の女性の有配偶率が56.9%なのに対し、男性は49.7%。35~39歳だと、女性が69.1%なのに対し、男性は53.0%なんです。同世代がくっつけば、同じような割合になるはずですけど、そうではない。そのあとの世代からは同じくらいになったり、逆転したりするんですけどね。

二村 まだ女性が年上の男性と結婚する傾向が強い、ということですよね。それで30~40歳くらいの男性は、まだふらふらしてる人も多い、と。それってどういう男たちなんだろうなあ。

(と、ここで隣りで一人で黙って飲んでいた謎の男性が話しかけてきました)

通りすがりのコンサルタントH(以下、コンサルH) ちょっとすみません。僕もその話、興味があって調べていたんです。話に混ざってもいいですか?

二村 えっ、ああ、どうぞ。その話って、30~40歳の結婚してない男についての話ですか?

コンサルH そうです。まず、縦軸に年収、横軸に年齢をとった図を描きますね。婚活塾に通われているお嬢さんたちの相手になるのって、たぶんこの辺りの男だと思うんです、年齢は33歳~37歳、つまり35歳前後。そして、年収は400万~550万。年収が高い男は、さっさと売れていきますからね。給料は高くはないけれどそこそこ、ということは、勤め先は一部上場企業下位か、二部上場中堅どころ。巨大ベンチャーの営業職、なんかもあると思います。そして、役職としては係長くらい。学歴は、みんななんとなく名前は知っているけれど、六大学ではない大学。

川崎 なんて具体的なイメージ(笑)。

二村 何の道のプロなんだこの人は(笑)。