[サッカー]
大野俊三「なでしことハリルジャパン、異なる攻撃の引き出し」

連覇へ先に失点しないこと

 なでしこジャパンが連覇へベスト4まで進出しました。一戦ごとにチームとしてのまとまりができ、状態は上がっているとみています。決勝トーナメントに入ってのなでしこはコンセプトがはっきりしていますね。

 攻撃ではワンタッチ、ツータッチでパスサッカーを展開する。守備では止めるところをしっかり止める。トーナメントは負けたら終わりの勝負です。それが一層、はっきりしたプレーにつながっているのではないでしょうか。

 なでしこの成熟度が増していると感じるのは、攻撃のバリエーションが豊富なことです。たとえばサイドバックの有吉佐織はゴール前に上がって、1回戦のオランダ戦ではゴールを決めたり、オーバーラップでチャンスを演出しています。

 また、準々決勝のオーストラリア戦ではMF宮間あやが相手のDFラインが下がったところで、ミドルシュートを放つなど、機を見てゴールを狙う姿勢が浸透していますね。これはひとりひとりの意識が高く、チーム全体でアグレッシブな姿勢を貫いているからこそできることでしょう。

 準決勝のイングランド、そして決勝で対戦する米国、ドイツは、どこも強敵です。なでしこの戦い方は研究しているでしょうから、優勝への道のりは容易ではありません。カギを握るのは守備でしょう。ここまで、なでしこはすべて先制点をあげて勝っているように、まずは点を与えないことが重要です。

 決勝トーナメントに入ってから、なでしこはパス回しがスムーズにいくようになった半面、そのパスを奪われてピンチを招くシーンもありました。不用意にボールを失うと、ここからは命取りです。カウンターで攻め込まれると、体格差やスピードでなでしこは苦しい展開を余儀なくされるでしょう。

 まずは安易なミスをしないこと、そして、万が一のリスクマネジメントをしっかりすること。選手同士が互いにサポートして、スキを見せないことが大切です。決勝トーナメントからスタメンが固定され、メンバー間の連係は高まってきているはずです。安定した守りから多彩な攻撃で強豪を撃破し、再び頂点に立つことを願っています。