ライフ

松浦弥太郎【後編】100年後も古びない「くらしのきほん」をアーカイブとして残していきたい

佐々木俊尚さんと松浦弥太郎さん
松浦弥太郎さんがクックパッドで7月1日にローンチする「くらしのきほん」。いったいどんなメディアなのか? どんな思いが込められているのか? ローンチ前の新メディアを特別に見せてもらいながら、佐々木俊尚さんが、松浦弥太郎さんの頭のなかに迫りました!(写真・瀬野芙美香/構成・徳瑠里香)

前編はこちらからご覧ください。

自分たちでコンテンツを作る

佐々木 「くらしのきほん」というタイトルはどうやって決まったんですか?

松浦 僕は当初、「ライフパッド」とかクックパッドと絡めたタイトルを考えていたんですね。GWに有志でエンジニアたちに集まってもらいMTGをしたときに、「松浦さんが一番伝えたいことはなんですか?」と聞かれて、僕は「暮らしの基本を伝えたい」と答えたんです。すると、あるエンジニアが「メディアのタイトルもそれがいい!」と言ってくれて。すごいことを言ってくれたぞ、とその場で決めました。

佐々木 エンジニアの方からタイトルが挙がったんですね。

松浦 僕のほうがネットに対して身構えてしまって、ピュアじゃなくなっていたんです。GW初日にタイトルが決まってから、すべてがドライブしました。

佐々木 いまはどういう体制でやっているんですか?

松浦 僕と編集者が1名、デザイナーが1名。基本はこの3人で、現在専属のエンジニアを募集しています。エンジニアはいまは有志でお願いしているのですが、みなさんそれぞれ持ち場があるので。

佐々木 更新頻度はどれくらいですか?

松浦 ローンチの段階では20コンテンツを用意していますが、ほぼ1日に1本ずつの更新です。基本的に内製でやろうという方針で、編集者が週に2〜3本ずつテキストを書いて写真と動画を撮って、コンテンツを作ります。自分たちでやればコストもかかりませんから。

松浦弥太郎さんがクックパッドで立ち上げる「くらしのきほん」は7月1日公開予定です。https://kurashi-no-kihon.com/
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら