医療・健康・食
遠藤謙「僕は義足で世界を変える」【後編】
〜障害者と健常者の境界が消える日〜

日本で唯一の「義足エンジニア」遠藤謙氏(左)

「全ての人に、動く喜びを」を掲げて義足の開発に取り組む遠藤謙氏。彼はどんな未来を描いているのか。(→前編はこちら)

義足で世界記録を更新する

小川:遠藤さんの研究開発テーマとして、日常生活を円滑にするロボット義足に加え、競技に使用する義足がありますよね。元五輪陸上選手の為末大さんやプロダクトデザイナーの杉原行里さんとともに、陸上競技用義足の研究や開発を行う新会社「Xiborg」(サイボーグ)を立ち上げていますが、そちらではどのような取り組みをされているのですか。

遠藤:大きなビジョンとして、「全ての人に、動く喜びを」ということを掲げて活動しています。テクノロジーの力をバックグラウンドに、競技用義足もロボット義足も、Xiborgで提供したいと考えています。いまはソニーと連携していますが、今後は様々な企業と連携していきたいなと。

小川:「全ての人に、動く喜びを」というビジョンのもと、日常から競技まで、あらゆるシーンで動く喜びをサポートしたいということですね。

遠藤:モビリティの中で、面白いなと思うのが、自転車なんです。自転車はみんなが練習して乗れるようになって、どこに行くにも便利で身近な乗り物です。自転車を持っている人は多いですし、ちょっと移動するときにも自転車は便利です。補助輪をつければ子供でも乗れますし、もっと極めたい人にはロードバイクやマウンテンバイクのようにハイエンドなものもあって、オリンピック種目にもなっている。自分が求めるもの、自分の立ち位置から幅広く選べるんですよね。価格もまちまちで、自分にあったものを選べばいい。

それに対して義足は選択の幅が狭いんです。医療機器や福祉機器として歩けるようにするのがやっとで。そうではなく、日常生活にはロボット義足があって、走りたい人には競技用義足がある。発展途上国であれば、誰にでも手に入る安価なものもある。ちゃんと経済合理性も担保しながら、市場を整備していきたいと思うんです。