医療・健康・食
遠藤謙「僕は義足で世界を変える」【後編】
〜障害者と健常者の境界が消える日〜

日本で唯一の「義足エンジニア」遠藤謙氏(左)

「全ての人に、動く喜びを」を掲げて義足の開発に取り組む遠藤謙氏。彼はどんな未来を描いているのか。(→前編はこちら)

義足で世界記録を更新する

小川:遠藤さんの研究開発テーマとして、日常生活を円滑にするロボット義足に加え、競技に使用する義足がありますよね。元五輪陸上選手の為末大さんやプロダクトデザイナーの杉原行里さんとともに、陸上競技用義足の研究や開発を行う新会社「Xiborg」(サイボーグ)を立ち上げていますが、そちらではどのような取り組みをされているのですか。

遠藤:大きなビジョンとして、「全ての人に、動く喜びを」ということを掲げて活動しています。テクノロジーの力をバックグラウンドに、競技用義足もロボット義足も、Xiborgで提供したいと考えています。いまはソニーと連携していますが、今後は様々な企業と連携していきたいなと。

小川:「全ての人に、動く喜びを」というビジョンのもと、日常から競技まで、あらゆるシーンで動く喜びをサポートしたいということですね。

遠藤:モビリティの中で、面白いなと思うのが、自転車なんです。自転車はみんなが練習して乗れるようになって、どこに行くにも便利で身近な乗り物です。自転車を持っている人は多いですし、ちょっと移動するときにも自転車は便利です。補助輪をつければ子供でも乗れますし、もっと極めたい人にはロードバイクやマウンテンバイクのようにハイエンドなものもあって、オリンピック種目にもなっている。自分が求めるもの、自分の立ち位置から幅広く選べるんですよね。価格もまちまちで、自分にあったものを選べばいい。

それに対して義足は選択の幅が狭いんです。医療機器や福祉機器として歩けるようにするのがやっとで。そうではなく、日常生活にはロボット義足があって、走りたい人には競技用義足がある。発展途上国であれば、誰にでも手に入る安価なものもある。ちゃんと経済合理性も担保しながら、市場を整備していきたいと思うんです。

小川:確かに、自転車の用途の広さを義足に照らし合わせて考えてみると、ひとつのヒントになりますね。まずは日常生活を円滑に過ごすための義足の開発が急務でしょうが、競技用義足の方も、2020年東京オリンピックを意識して研究開発を進めていますよね。2020年には、パラリンピアンがオリンピアンよりよい記録をだせるようにすることが大きなゴールと考えているそうですが、それは実際可能なのでしょうか。

遠藤:たとえば、陸上の100メートル走に関していえば、結構チャレンジングで、なかなか難しいとは思います。

しかし、走り幅跳びであれば、リオのオリンピックでも間に合うのではないかと。さすがに世界記録を更新するというのはまだ難しいですが、ドイツのマルクス・レームという義足の選手が、健常者である選手を相手に、好記録でドイツ選手権1位になりました。その記録は8m24cmで、オリンピックを想定しても、トップクラスを狙えます。もしオリンピックに出られれば、好勝負できるでしょうね。

小川:そこでいつもつきまとうのが、そのようにテクノロジーの補助を受けている選手が、健常者と同じ試合に出てよいのかという議論ですよね。特にオリンピックでは、その判断がシビアになる。そのような選手がどんどん出てくると、その議論はより混沌としていくでしょうし、根本的な考え方やルールを早く整えなければいけなくなりそうですよね。

遠藤:マルクス・レームも、ドイツ選手権で1位をとったにもかかわらず、本来は進めるはずであったヨーロッパ選手権に進めませんでした。やっぱりパラリンピック選手だと。僕も2008年当初から、道具を使う選手と使わない選手では分けるべきではないかと考えてきました。かわいそう、かわいそうじゃないとかいう観点ではなく、違う種目だと思うんですね。

義足を使うのはずるいのではないかという研究者の論文や陸連に対し、それではかわいそうだという世論がありました。でも僕は個人的に、すっきりと競技として切り分けて良いのではないかと考えています。

小川:明確に切り分けて、それぞれの競技を楽しめば良いのではないかという発想ですね。2016年にはスイスでバイオニック・アスリートたちのオリンピックとして「サイバスロン」が開催されますよね。まさにそのような競技大会然りで。

遠藤:まさしく、テクノロジー寄りの競技会です。そういう競技の楽しみ方があっても良いと思うんです。

小川:それもひとつの考え方ですよね。義足に限らず、たとえば医療などでも、患者数が少なかったり、日が当たらずに放置されているような病というのはたくさんあると思うのですが、経済合理性という制約を乗り越えて、それらを解決していかなければならいと思うんです。遠藤さんが、安価で優れた義足を、必要とする世界中の人に行き届かせたいという思いは、とても共感します。

遠藤:その意味でも、もっと研究者が増えて欲しいなと思います。研究者というのも現金なところがあって(笑)、ヒューマノイドロボットのブームがあれば、国などもそこへ研究費を出し、研究者もわーっと集まります。いまだとまさにロボットで。だから僕らのような義足の分野では、まだまだ研究者が足りていない。国がどこに目を向けるかで、研究環境も変わりますから。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら