世界経済 中国
安倍政権の「判断ミス」により、21世紀のアジアの盟主は日本から中国へと急速にシフトする!
2014年10月には北京に21ヵ国が集まり、設立覚書に調印した 〔PHOTO〕gettyimages

AIIB不参加は安倍外交で最大の「判断ミス」

6月29日、AIIB(アジアインフラ投資銀行)の設立協定の調印式が、北京で行われ、設立時に参加する57ヵ国代表が、一堂に会する。習近平主席が、各国の代表を前に、演説をぶつ予定だ。AIIBは今回の調印式を経て、今年の年末に、北京で正式に設立されることになる。

そこで、クイズを一つ。アジアの国でその席に代表がいない国が、3ヵ国だけある。それは、どの国か?

答えは、日本、ブータン、北朝鮮である。ブータンは、「アジア最後の秘境」を標榜した国であり、そもそもインフラ整備に興味がない。北朝鮮は参加を申請したものの、「デフォルト国家であり、アジアのギリシャになる」と中国が判断し、参加を拒絶した。そして日本は、安倍晋三政権が「AIIBはガバナンスと透明性が保証されていない」として、自ら参加を見送ったのである。

この「不参加」という判断については、日本でも賛否両論あるが、声としては「賛意」のほうがやや大きい気がする。何と言っても、昨年末に内閣府が発表した世論調査によれば、日本人の83.1%が「反中派」なのだから。

だが私は、AIIBへの不参加は、安倍外交2年半で最大の「判断ミス」であり、「日本外交の汚点」として、後世に残るだろうと見ている。島国の日本に暮らしていると、激動のアジアの鼓動がなかなか伝わってこないが、事はそれほどに深刻なのだ。