LINE元社長の森川亮が明かす
「いい起業家」と「ふつうの起業家」の差

〜明日の起業家たちへの伝言〜

起業家に大事なのは信念と柔軟性を持つこと

by 森川 亮 (C Channel代表取締役社長)

「起業家にとって何が大事なのか」という質問をよく受けます。起業家になる人たちはやはり、やりたいことがいっぱいある人が多いのですが、結局すべてはできない。

では、何からやったらいいのか? それは「何を削るのか」を考えるといいと思います。

考える際に有効なのは、素朴な疑問から考えることです。たとえば売上とサービスとどちらが大切なのかとか、そういう疑問です。その答えは自分の中にあるはずなので、それを整理するんです。結局、何をやるか絞れない人は、普通の起業家にしかなれません。

いい起業家とふつうの起業家の差

例えば利益率が5%、成長率も5%、という規模の事業があったとします。そして、その事業をやっている人たちはいい人たちで、みんな楽しくやっていたとします。

そういう事業を、本当に事業として認めるかどうかが、いい起業家と普通の起業家の差です。利益が出ているからといって、認めるのは普通の起業家です。たぶん、その事業の先に新しい未来はありません。

それをやめてでも、成長分野に投資するような判断をできるかどうか。それができないベンチャーは中小企業なんです。特に日本のような成熟した国で世の中を変えるような動きを作るためには、利益率50%ぐらいの事業か、もしくは赤字の事業か、どちらかで勝負をかけてほしい。

きちんと利益が出ていて、みんな楽しくやっている事業をやめるという判断をすれば、当然、現場の社員に嫌われます。利益率5%・成長率5%の事業をやっている現場の人たちはみんな幸せに働いているわけで、それをやめるといったらもう、ほとんどの人が反対します。

LINEにいたとき、たとえば他社に事業譲渡をするときなど、昔はよく社内から不満の声が聞こえてきたり、嘆きのメールが送られてきたりしました。(なので、僕は社員に会わないようにしたんです。会ってしまうと情が移り、冷静な判断が出来なくなってしまうからです。もちろん会社が小さいうちからそんなことをやっているとみんな会社をやめてしまうので、大きくなってからですが(笑))。

そのためにはやはり、信念(明確な目標)を持っていなければ、多少なりとも利益が出ている事業をやめるという判断はできません。結局、起業家にとっては、「起業の目標が何なのか」が重要なんです。

ただし、起業は多くの人を巻き込むことになるので、自分の金儲けのために起業するのだけはやめたほうがいい。賢い人ならば、一人でデイトレーダーとかをやってもらったほうがよっぽど儲かります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら