[アイランドリーグ]
香川・赤松幸輔「ホームランより、捕手として向上したい」

~リーグ注目選手に訊く(Vol.2)~
4月は5割近い打率で月間MVPも獲得した。

 四国アイランドリーグPlusは現在、前期シーズンを終え、選抜チームが北米遠征中だ。
 今回の選抜メンバーにも選ばれ、前期、インパクトのある働きをみせたのが、香川のキャッチャー赤松幸輔だ。リーグトップの9本塁打、26打点。打率.327(リーグ3位)、得点圏打率.483と打ちまくり、チームの独走Vの立役者として前期MVPに輝いた。

 愛媛県出身で広島・瀬戸内高、名古屋商科大を経て、今季がアイランドリーグ1年目。188センチ、106キロと恵まれた体格は魅力たっぷりだ。強打のキャッチャーとしてNPB入りを狙う23歳にインタビューした。

ホームランはできすぎ

――野球人生で優勝は初めての経験だとか。しかも自身か活躍しての優勝ですから、充実感があるのでは?
赤松: 優勝したのはうれしかったですけど、活躍したという実感がないんです。今までより試合数が多いので、その分、失敗した数の方がたくさん印象に残っているんです。バッティングでも、ここぞというところで打てなかった打席が多い。

――それでも本塁打9本、打点26はリーグトップです。
赤松: ホームランに関してはできすぎですね。でも、得点圏でヒットが出なかったり、もっと打点は増やせたと思っています。

――ホームランへのこだわりはそれほどでもないと?
赤松: 僕の中ではとにかくバットに当てて、広角に打つことを意識しています。泳いだり、突っ込んだりして、完璧に打ったという感覚がない打球が、結果としてホームランになっているものもちょくちょくあります。

――完璧な当たりとして印象に残っているホームランは?
赤松: 徳島戦(4月16日)の1本目と、福岡ソフトバンク(3軍)戦(5月24日)で打った2試合連続のホームラン。高知戦(5月28日)で右中間に飛ばしたのはいい当たりでしたね。

――打席の中で意識しているのは、遠くへ飛ばすことより、いかにうまくボールをとらえるかということでしょうか。
赤松: 状況に応じて、どういう打球を打てばいいかを考えています。その上で僕もキャッチャーなので、相手バッテリーの配球を読む。僕が一番、嫌いなのが三振。三振してベンチに帰る時ほど惨めなものはないので、追い込まれるまでに甘い球を積極的に打ちに行くことを心掛けています。

――西田真二監督からはどんなアドバイスを?
赤松: 最初は打った時に下半身がぐらつくことが多かったので、土台をしっかりさせて、インパクトの瞬間だけ力を入れるようにずっと言われてきました。最近は、あまり言われなくなってきたので、少しずつできるようになっているのかなと思っています。