[プロ野球]
佐野慈紀「混セを抜け出すのは阪神?」

マートン、ゴメス復調にペレス効果

 交流戦は予想通り、パ・リーグの強さが際立つ形になりました。パが勝てる理由はいろいろありますが、一番大きいのはDH制でしょう。パのチームがDH制を踏まえて打てるバッターをそろえているのに対し、セは控えの選手を起用せざるを得ません。これだけでも攻撃力は大きく違ってきます。投手陣もパの方がDH制で1番から9番まで息の抜けない状態で投げている分、裏ローテのピッチャーでも差を感じました。

 特に交流戦で大きくつまづいてしまったのは横浜DeNAです。前回、「慣れないパ・リーグ相手に得点力が落ちる可能性がある中、逆転勝ちに持ち込めず、黒星が増えていく危険も考えられます」と書いた不安が的中してしまいました。点が取れないと、もともとの弱点だった守備力の脆さが露呈し、逆に終盤に試合をひっくり返されるパターンが目立ってしまいました。

 ただ、幸い巨人も含めた他球団も振るわず、12連敗を喫しても上位との差はほとんどありません。4月に7連敗してから盛り返したように、きっかけをつかめば再浮上もあるでしょう。

 流れを変えるには、ピッチャーではベテランの三浦大輔や久保康友、バッターでは4番の筒香嘉智の働きが不可欠です。連敗を止めた23日の巨人戦で久保が勝ち投手になり、筒香がトドメの一発を放ったのは象徴的でしょう。先発が試合をつくり、筒香が打って、抑えの山崎康晃につなぐ勝ちパターンを増やせるかどうか。これがDeNAの今後を左右します。

 セ・リーグは一時、貯金を持ったチームがなくなるほどの大混戦です。どのチームも決め手がなく、この状態はオールスター前後まで続くのではないでしょうか。その中で、もし抜け出すチームがあるとすればどこか。僕は阪神だとみています。

 阪神は良くも悪くも外国人頼みのチーム。マット・マートン、マウロ・ゴメスが打たないと得点力は上がりません。ここにきてマートンにも一発が出て、2人の調子が上がり始め、鳥谷敬も復調気配です。ベテランの福留孝介もいいところで仕事をし、打線が機能し始めています。

 マートン、ゴメスが打ち始めたのは、BCリーグ石川から入団した新外国人ネルソン・ペレスの影響もあるでしょう。ペレスは2人ほどとは言えないまでも長打力があり、バッティングはいいものを持っています。肩も強く守備の不安はありません。2軍でも結果を残しており、いい刺激になっていることは間違いありません。

 加えて交流戦明けに連勝した東京ヤクルト戦あたりから、ベンチの仕掛けが早くなっています。早いタイミングでの代打など、何とか点を取ろうという意図がはっきりし始めました。

 昨季、クライマックスシリーズを突破し、日本シリーズに進出できたのは、和田豊監督の積極采配が功を奏したから。阪神は先発陣はランディ・メッセンジャー、藤浪晋太郎、岩田稔、能見篤史と4本柱が安定しています。指揮官の手腕で打線に火をつけられれば、貯金を増やせるはずです。