雑誌
空前の好業績に沸く自動車業界 
春闘2015悲喜こもごもの舞台裏を振り返る 

昨年から安倍政権が賃上げを企業側に要請し、異例の"官製春闘"などという言葉まで飛び交っていたが、今年もその流れは変わらなかった。

賃金相場を形成するのに大きな影響力を持つクルマ界のベースアップ(ベア)だが、果たしてどのような結果だったのか。国産自動車メーカー8社は各社横並びで6000円を要求していたのだが……!?

春闘2015を今あらためて振り返り、先行きを考える。

PART1 思わず高笑いが……!?ホクホク顔の日産社員

円安を背景にした好業績で事前から各社の高額回答が見込まれた今年の春闘だが、昨年の決算はいったいどうだったのだろうか?

翻って'14年3月期決算の数字をみると、左の表にまとめているが国産自動車メーカー8社のうち、海外生産比率の高い日産とホンダを除き、トヨタなど6社が本業での利益を示す営業利益、最終利益ともに過去最高を更新している。

特に営業利益で対前年度比3・4倍のマツダを筆頭にスバルが2・7倍、三菱が83・2%増、トヨタが73・5%増などと各社軒並み大幅利益増となっていた。